2009年12月02日

黒祭り第3弾!最小変形 轟龍

修士論文がある程度一区切り付いたので、やっとこさコラムを書いております。ようやく届いた黒祭り第3弾目は、『勇者特急 マイトガイン』より最小変形 轟龍です。

今回は、キットレビューのほかに轟龍の説明、変形シーンの解説を行い、更に本編最終回の模様をお届けしています。デザインが似ているということで、インペリアルにジェネシックガオガイガーを使っております。今だったら、レグナントあたりにやらせていたところなんですけど、撮影自体が夏だったのでそうなりました。

更に、轟龍が参戦したということでマイトカイザーとマイトガンナーのコラムに轟龍が登場しています。これは夏くらいに調整を入れたんですけど、告知していなかったので報告しておきます。

あと、修士論文ですが有料の校正のほかに先生が論文をまた読んで表現などを指摘してくださいました。校正提出後だったのですけど、不備が出るわ出るわでまたすりあわせを行わざるを得なくなりました。とは言うものの、致命的なミスが1箇所あるだけ(音節の指定の序数を間違えていた)で、後はわかりやすく直したりだとか、aとtheと複数形の処理だけですのでそんなに気に病む必要はなさそうです。

校正は今月7日に上がる予定で、水曜日に先生と構成前後の表現の比較検討をする予定です。さあ、出来上がりがたのしみですねえ。

というわけで、最小変形 轟龍のコラムをお楽しみください。

最小変形 轟龍のコラムへ
嵐を呼ぶ最終回!
最小変形 轟龍のコラムへ
posted by ブラック・マジシャン at 03:08| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー&コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。