2006年08月05日

POTD Sneak Preview in Sydney Game Centre

8月5日に、Sydney Game CentreにてPOTDのSneak Previewがありました。午前10時から第1回目の受付開始、午後2時から第2回目の受付が開始で、参加費はそれぞれ30ドルです。対戦形式は、4回戦のスイスドローで、パックを5パック配布された中から、最低20枚選び出しデッキを構築します。参加人数は、1回目が42人で2回目が22人です。デッキ構築の時間は30分、1マッチ40分で試合が行われました。

第1回目

1戦目 ○△○
1戦目は白人系の人が相手でした。相手は、死皇帝の陵墓から、攻撃力高めのバイトロンなどで攻めてきましたが、こちらはディフェンドガイの守備力を生かしてモンスターの守りを固めて、洗脳光線で相手のモンスターを奪い、E・HEROネオスを召喚しました。手札のコモンソウルから、アクアドルフィンを特殊召喚して、ネオスをパワーアップさせて、相手の手札を削りながら、確実に攻撃して勝利しました。
2戦目は、相手がなれてきたのかディフェンドガイで攻撃が止まりました。うまいことディフェンドガイを駆逐して言ったのですが、最後の最後でお互いのデッキが切れて、ディフェンドガイとネオスを残してお互い何も出来ない状態になってしまいました。お互いにライフポイントは2100だったので、ジャッジのAndrewさんの裁定により、このセットは引き分けになりました。
3セット目は、エイリアン系の低級モンスターをうまく展開しながら、相手のモンスターにAカウンターをうまく乗せて、こちらのエイリアン・マザーを展開して、カウンターの乗ったモンスターを駆逐しながら、相手のカードを奪って展開しました。最終的に、ネオスとエイリアン・マザーとガンギルが並んで、このセットは勝利しました。

2戦目 ○○
2戦目はアジア系の男の子でした。手札が悪かったのか、攻撃力の低い低級モンスターばかりで、こちらのセイバーザウルスで駆逐できました。結局、エイリアンマザーとセイバーザウルスで殴り勝ち、勝利しました。
2セット目は、相手のデッキがうまく回るようになって、死皇帝の陵墓でダッシュガイを展開されたりと、苦戦しました。しかしながら、エイリアン系統のモンスターをうまく展開しながら、守備表示のダッシュガイを駆逐しました。その後、こちらはネオスを展開しましたが、相手も負けじと陵墓の効果でネオスを展開し、同士討ちにされました。結局、こちらの捨て身のガンギル召喚が功を奏し、2セット目は勝利しました。

3戦目 ○××
3戦目は白人系の人が相手でした。序盤から、死皇帝の陵墓でネオスを出されましたが、ディフェンドガイで攻撃をブロックしました。その後、相手は未来融合でレスキューキューロイドを特殊召喚しようとしましたが、特殊召喚直前で大気圏外射撃で未来融合を墓石、特殊召喚をとめました。その後、ネオスとマザーを展開して、殴り勝ちました。
2戦目、3戦目も似たような感じでゲームが進んで相手を追いこんだのですが、死皇帝の陵墓から、究極恐獣が出てきて、対処方法が出せずに2セット目3セット目ともに負けました。

4戦目 ○××
4戦目も白人系の人でした。同じく、死皇帝の陵墓を使われましたが、こちらが効果を掌握しきってネオスを展開して1セット目は勝利しました。しかし、次のセットからドグマガイを特殊召喚されて、ライフを大幅に削られて2連続で負けてしまいました。対策がまったく打てなかったのが、悔しい。

結果は2勝2敗の17位でした。景品はパック2つ。

2回目

実は、徹夜明けでまったく寝てない中無意識のうちにデッキを組みました。出たカードが未来融合のアルティメットとレア、キメラテックオーバードラゴンウルトラと神の引きを見せたのですが、このプレビューでは未来融合はレスキューキューロイド専用カード、キメラは役立たずという罠が待ち受けています。しかしながら、ネオス2枚とバイトロン1枚、死皇帝の陵墓1枚もあったので、デッキ自体は強力なものでした。

途中経過は、しんどいので省いて(ヲイ)結果は、3勝1敗で21人中4位でした。景品はパック4パックとPOTDのTシャツです。これは黒地の服に背中にブラックネオスが描いてあるという格好いい仕様です。帰ってから早速着てみましたが、着心地も良くてお気に入りです。
DSC00243.JPG

DSC00242.JPG
景品のTシャツ

ちなみに、明日でうちの行きつけの店が開店4周年を迎えるそうです。おめでとうございます。

結果的には、かなり良い成績を残せた上に、カード類もDヒーローは全部そろうわ。、ウルトラは2枚出すわと文句なしでした。パック単価も3.5ドルに収まりましたから、今回はかなり得なプレビュー戦でした。

尚、今回の小冊子に付属しているカードは隠れ兵(Hidden Soldiers)です。これはLEのカードで、英語化されていないものでした。牛の歩みみたいに遅いですが、英語化されているカードもあるみたいです。ガジェットとか早く出してくれえ。

さて、付属の小冊子なんですが、日本で言うところの第5期にはいるということで、記述の変更を行うという告知がされています。具体的には、ややこしい言い方だったのを同じ意味でシンプルな形にするというものです。以下に、その詳細を載せます。

古い記述→新しい記述(日本語訳)

Inflict 1000 points of damage to your opponet's Life Points→Inflict 1000 damage to you opponent(相手プレイヤーに1000ポイントダメージを与える)

Increase your Life Points by 1000 points→Gain 1000 Life Points(1000ライフポイント回復する)

Increase the ATK of this card by 500 points→This card gains 500 ATK(このカードの攻撃力は500ポイントアップする)

Attack your opponent's Life Points directly→Attack your opponent directly(相手に直接攻撃する)

A monster with "Destiny Hero" in its card name→A "Destiny Hero" monster(「D−HERO」と名の付いたモンスター)

Destroy as a result of battle→Destroyed by battle(戦闘で破壊される)

You can only activate this card when...→Activate only when...(このカードは・・・の場合のみ発動できる)

Tribute 1 monster on your side of the field→Tribute 1 monster(モンスターを1体生け贄にささげる)

ちゃんと、記述統一の変更を行う姿勢が好印象ですねえ。

最後に、POTDの英語名のカードリストを公開します。(スペルチェックしましたが、ミスがあったらすみません。良かったらご報告くださるとうれしいです)

モンスター
E・HERO ネオス Elemental Hero Neos
セイバーザウルス Sabersaurus
N・アクア・ドルフィン Neo-Spacian Aqua Dolphin
N・フレア・スカラベ Neo-Spacian Flare Scarab
N・ブラック・パンサー Neo-Spacian Dark Panther
C(コクーン)・ドルフィーナ Chrysalis Dolphin
星見鳥ラリス Ralis the Star Bird
サブマリンロイド Submarineroid
キューキューロイド Ambulanceroid
デコイロイド Decoyroid
レスキューロイド Rescueroid
D−HERO ダブルガイ Destiny Hero Double Dude
D−HERO ディフェンドガイ Destiny Hero Defender
D−HERO ドグマガイ Destiny Hero Dogma
D−HERO ダガーガイ Destiny Hero Blade Master
D−HERO ドゥームガイ Destiny Hero Fear Monger
D−HERO ダッシュガイ Destiny Hero Dasher
暗黒(ブラック)プテラ Black Ptera
暗黒(ブラック)ステゴ Black Stego
究極恐獣(アルティメットティラノ) Ultimate Tyranno
奇跡のジュラシック・エッグ Miracle Jurassic Egg
ベビケラサウルス Babycerasaurus
バイトロン Bitelon
エーリアン・グレイ Alien Grey
エーリアン・スカル Alien Skull
エーリアン・ハンター Alien Hunter
エーリアン・ウォーリアー Alien Warrior
エーリアン・マザー Alien Mother
宇宙獣ガンギル Cosmic Horror Gangi'el
円盤ムスキー Flying Saucer Musik'i
E・HERO アクア・ネオス Elemental Hero Aqua Neos
E・HERO フレア・ネオス Elemental Hero Flare Neos
E・HERO ブラック・ネオス Elemental Hero Dark Neos
キメラテック・オーバー・ドラゴン Chimeratech Overdragon
レスキューキューキューロイド Ambulance Rescueroid
スーパービークロイド−ジャンボドリル Super Vehicroid Jumbo Drill

魔法カード
コンタクト Contact
フェイク・ヒーロー Fake Hero
コーリング・マジック Spell Calling
ビークロイド・コネクション・ゾーン Vehicroid Connection Zone
D−スピリッツ D-Spirit
オーバーロード・フュージョン Overload Fusion
疾風剣(サイクロン・ブレード) Cyclone Blade
未来融合−フューチャー・フュージョン Future Fusion
魂の共有−コモンソウル Common Soul
ネオ・スペース Neo Space
死皇帝の陵墓 Mausoleum of the Emperor
ダーク・シティ Dark City

罠カード
デステニー・ミラージュ Destiny Mirage
D−チェーン D-Chain
ミステリー・サークル Crop Circles
運命の分かれ道 The Paths of Destiny
大気圏外射撃 Orbital Bombardment
王宮の重税 Royal Writ of Taxation
ワンダー・ガレージ Wonder Garage
スーパー・チャージ Super Charge
サイバー・サモン・ブラスター Cyber Summon Blaster
化石発掘 Fossil Excavation
人造天使(シンセティック・エンジェル) Synthetic Seraphim
洗脳光線 Brainwashing Beam

Reference
TAKAHASHI, K. 2006. Yu-Gi-Oh! Sneak Peek Duel in the Shadow!. The United States of America: Upper Deck Entertainment.
posted by ブラック・マジシャン at 19:22| シドニー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも。お久しぶりです。

こっちのストラクチャーでガジェットの再販が決まりました。
どれだけ先になるかは分かりませんが、きっと出るでしょう。
Posted by なおくん→つっきー at 2006年08月05日 21:39
こっちはようやく風のストラクチャーデッキが出る勢いなので、おそらく3月くらいになるでしょうね。ガジェットがその間にどう制限されるかが問題でしょう。
Posted by ブラック・マジシャン at 2006年08月06日 04:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。