2006年09月25日

テキストがややこしいカード

よくカードをしに遊びにいくときに、日本語のカードの解説を行うときがあります。特に私は、持っているデッキ4つは日本語ですから、知らないカードも必然出てきます。そういうわけで、習い始めた通訳技術を駆使してテキストを英訳しているのですが、これがかなりしんどい。今日は私の頭を悩ませる英文テキストを紹介します

N(ネオスペーシアン)・アクア・ドルフィン
英語化されているにも関わらず、一番質問が来やすいカードがこれ。アニメでも初登場時には大活躍したカードですが、これがややこしい。ややこしさを爆発させる理由は比較級が多く使われているせいでしょう。攻撃力以上の場合、もしくは攻撃力より低い場合といった説明がしんどい。英文のテキストも長いので、口頭で説明するのはしんどいです。ちなみにテキストはこんなの。

Once per turn, by discarding 1 card from your hand, look at opponent's hand and select 1 monster on your side of your field. If there is a monster on your side of field, with ATK greater than or equal to the ATK of the selected monster, destroy the monster card and inflict 500 damage to your opponent. If there is no monster on your side of field with ATK greater than or equal to the ATK of selected monster, take 500 damage.

E・HERO エリクシーラー
英語化されてないカードで一番質問が来るやつ。対戦では滅多に出ませんが、十台デッキを見せたときに十中八九、解説を頼まれます。主に詰まるのは、「このカードは火・水・地・風属性としても扱う」というところ。さらに攻撃力が上がるというところも説明すると必ず詰まります。もうやめて。ちなみに自前の翻訳はこちら。

This card can not be Special Summoned except by Fusion Summon. This card's attribute is treated as "Wind", "Water", "Flame" and "Earth". When this card succeeds in Fusion Summon, return all cards removed from play to your deck and then shuffle your deck. This card gains ATK x 300 per monster which has same attribute as this card on opponent's side of the field.

一応、今まで説明に苦労したカードはこれくらいです。比較級は会話では難しいですね。ぱっと出てこない。あと、足し算・引き算・掛け算・割り算の表現も覚えておく必要があります。このゲームは比較級だらけなので、口頭での説明は結構しんどいかもしれませんね。
posted by ブラック・マジシャン at 20:57| シドニー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
× 十台デッキ
○ 十代デッキ

ぷっ
Posted by E・HERO エロス at 2006年09月26日 18:05
初カキコだす〜(´∀`)しかしながら、日本語のテキストすら理解できない日本人もいますがね(´_ゝ`)
Posted by エス at 2006年09月28日 07:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。