2007年06月08日

教育実習終了!

今日付けで教育実習が終了しました。激戦の10日間でしたが、色々考えさせられることが多かった2週間でした。

大学でやってきたことを上手く実践しようとしましたが、やっぱり現場と座学は違うことのほうが多いです。教育理論が色々言われていますが、まず教員は、授業を受けさせて目の前にいる生徒を満足させることを考えないといけません。あの教授法がいいといわれているから、それを使うというわけではなくて、目の前にいる生徒に何とか1を理解してもらう。どんな子にもわかってもらえるようにしないといけない。ゆえに、柔軟性がいるし、常に研修の必要があるのです。

一つ、自己反省としては、自分はいつの間にか「点数主義者」そして「勝敗主義者」になっていたことです。「TOEICで高いスコアを取る」、「採用試験に合格するために高い点数を取る。」「あいつに勝つ」
こんなことばかり心の奥底で考えていたので、授業中に本心がポロリと出てそれを先生に指摘されました。みんながみんな、TOEICで900オーバーする必要はないし、そのように均質化させることは無い。
教育の目的は、一人一人の個性を伸ばすことなのだから、安易な「点数主義」や「勝敗主義」に走ってはいけないんだということに気がついたのです。

大学全入時代といわれていますが、偏差値の高い学校だけに行かせるのが、学校教育の目的ではない。真の目的は、一人一人の生徒が自分の行きたい進路を選び出させること。学校は、さまざまな進路を生徒に提供することにあって、ただ単に大学に行かせるだけが目的ではないというわけなのですね。

色々大学で考えて、母校の先生にぶつかって行きましたが、やはり私の恩師は恩師でした。自分の母校の高校で、教育実習が出来てよかったです。この経験を次につなげれればと、思います。
posted by ブラック・マジシャン at 23:59| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様〜
Posted by Purple Sky at 2007年06月10日 00:50
ありがとー
Posted by ブラック・マジシャン at 2007年06月10日 15:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。