2004年08月16日

わかりやすい論文の書き方

カードゲームやら勉強やらで理論を書かないとだめなときが多いので、今回は私が気をつけていることを書いていきます。(注意しててもよく忘れることがあるのですが)私の場合は英会話クラブでディスカッションやスピーチをやっていて、そこのレクチャーを参考にしています。

論文とは、自分のいいたいことを筋道立てて説明した文章です。もちろん他人が読むことを意識して書かなければいけません。文章で相手に自分の主張を説明するわけですから。

ということで、次のことは大いに役立つと思います。

1トピック1パラグラフ
トピックというのは話題のことでパラグラフとは段落のことです。基本的に文章を書くときは、各段落につき1つの話題を提示します。
つまり、段落ごとにキーワードを設定してその話をするということ。だから、たとえば食べ物のお話をしているときに衣服の話が入るということはないということ。
段落ごとに1つ1つ話をすることで、順序だてて話を進行できるわけです。
英語の長文もこれに乗っ取っているので、受験を考えている人は知っておくと便利です。

CCF(Conclusion Comes First)
結論から先に言うことで、理由付けは後から説明していきます。
結論から先に言って後に理由付けしていくメリットは、読み手が書き手のいいたいことがわかっているので、心構えができ、自分の説明が浸透しやすくなるというところにあります。

例)私は〜に関しては〜だと思います。その理由は・・・です。

自分の意見を反映させやすくする技術がこれです。

ここからは余談ですが、英語の文章は、ほとんどこれに乗っ取っています。だから、接続詞で複数の文書をつなげるときも、メインクレームが先にきます。

NLC(Numbering Labeling Contents)
Numberingとは、理由や主張がいくつあるか、その個数を示す作業。
Labelingとは、理由に名前をつけて区別、分類する作業。
Contentsとは、分類されたものの中身はどのようなものか、その内容説明をする作業。

例)私がタバコを吸わない理由は3つあります。(Numbering)1つ目は年齢。2つ目は臭い。3つ目は健康。(Labeling)年齢に関しては、私は18歳で法律上タバコを吸えないからです。臭いに関しては、タバコの煙によって服や髪にその臭いが染み付きます。健康に関しては、喫煙者は肺がんになりやすい傾向にあります。(Contents)

NLCのメリットは、自分の主張が複数あるときに、それを一つ一つ伝えることができるようになるので、他人の誤解が生じにくくなります。1トピック1パラグラフとあわせて考えると便利です。

AREA(Assertion Reasoning Evidence Assertion)
Assertionとは自分の主張のことです。
Reasoningとはその理由のことです。
Evidenceとは理由を裏付ける証拠のことです。

例)私はタバコを吸いません。(Assertion)なぜなら、タバコは健康によくないからです。(Reasoning)・・・という資料によると、喫煙者は肺がんになりやすいというデータがあります。(Evidence)以上のことから私はタバコを吸いません。(Assertion)

英語の論文はこれに乗っ取っています。もう一度大まかな流れを言うと、

結論を提示→理由付け→証拠の資料→もう一度結論→読み手を納得させる。

・・・ということになります。要はCCFの発展型と思ってください。

英語の長文には以上のようなテクニックがよく使われています。英語が論理的な言語と言われる所以の1つがこれです。皆さんも論理的な文章を書きたければ以上のことを頭に入れて文章を書くといいでしょう。

それと、掲示板でカードについて議論するときもこのテクニックは有効と思います。なぜかというと、議論するときもまずは自分の主張を理解してもらわないと話が進みません。事実、この記事はDiscussionのマニュアルを参考にまとめましたし、英語の長文を読むとやはり共通事項がありました。論文も議論も結局は自分の主張を説明しなければいけませんので共通事項があるというわけです。

ただ、欠点としては文章が長めになりやすいということでしょうか。一文一文は短いので理解はしやすいのですが、ぱっと見の長さはかなり長いです。この方法はかなり丁寧なものなので致し方ないのですが、特にインターネット上では長すぎると読む気を失くしますので、適宜わかりきった説明を省いたりするのも重要かと思います。

参考文献
クラブのDiscussionマニュアル(わらびぃさん作)
コンポジションの授業ノート
posted by ブラック・マジシャン at 21:56| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

とある人間のマニア部屋: わかりやすい論文の書き方
Excerpt: とある人間のマニア部屋:
Weblog: 小鳥メモ
Tracked: 2004-08-19 02:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。