2005年10月22日

デュエルオンラインに関する諮問とその答申

自分でデュエルオンラインへの問題を諮問して自分でアンケートを作りましたが、ここからは自分でアンケートからその諮問に対する答申をしようと思います。

アンケートからわかる事
どうやら勘違いしている人が多い模様。何に勘違いしているかというと、「自分で何かしないと会話も対戦も楽しめないと言うのにわかっていない」点に気づいていないところです。つなぎさえすれば、対戦できるし会話できると言うわけではありません。アンケートでは、「会話が少なくてさびしい」「常連の話に入りにくい」という声が多かったのですが、なぜ、自分から話題を提示しないのでしょうか?単なる雑談でも、自分から話題を提唱しなければ何も出来ません。受身な態勢では駄目。みんながみんな受身でいるからサーバが盛り上がらないわけです。

大学の外国人教授がこんな事を言っていました。「大学は、マクドナルドではない」これが意味するのは、大学はマクドナルドの様に「チーズバーガーください」と言えば、それが手に入る・・・というところではないと言うこと。自分から学びたい事を見つけて、自分からそれを学ぶために大学を利用しようという気でいないと駄目であるという事です。これはデュエルオンラインにも言える事ではないでしょうか?たとえば、対戦希望だしてるヒトを見つけたら自分から対戦を申し込む、このカードについてはどう思うか自分から他の人に意見を聞いてみる。この様な態度が必要と思います。

みんなが受身であるかというのは、「仮にサーバを立てられたら、サーバを立てたいか?」という質問にも出ています。半分以上の人がいいえと答えています。その理由が「面倒だから」と言う物でしたが、もし自分が今のサーバが気に入らなければ、「自分がパソコンを起動している間だけでもサーバを立てて、みんなが楽しめる場所を提供しよう」という気になるはず。自分からいい場所を作るぞーという気になる人が少ないのが残念でした。

また、同じ質問で感じたのは「気心知れた相手との対戦を望む声が多い」という事。これは難しい問題ですが、色んな人と対戦できるという利点はどうでも良くて、自分の知っている人と対戦したい人が多いようです。これが駄目と言うわけではありませんが、同じ人ばかりではなくて知らない人との対戦の中から友達になったりするわけですから、積極的な態度を取って欲しいです。

常連組が取るべき態度
初心者に寛容であるべき。たとえば、質問が出てきたら答える。調べる癖を付けるのも大事ですが、たとえばここに行けば書いてあるよとか示せばそれで解決するわけですから。だのに、それをしようとしない人が多い。更に、「これだから初心者は!」というあからさまに嫌そうな態度を取っていた人もチラチラみました。なるべく「自分に厳しく他人に寛大な」態度を取って欲しい物です。

常連組の人は少々デュエルオンラインに対して消極的だと思います。自分らでどうにか、いい環境に出来ないかどうか考えようともこれまではしてきませんでした。これでは衰退の一途をたどります。人が増えるという事は、それだけデュエルできる相手が増え、その対戦の中から新しいデッキ・理論が誕生する可能性が高くなり、遊戯王界がもっと活性化できるわけですから、そのところを頭に留めて置いてください

初心者組が取るべき態度
なるべく、操作方法を覚えてくるべき。おそらく、カードゲームをある程度やってる状態でデュエルオンラインに手を出した人が多いと思います。そう言う人はなるべく、本家のマニュアルもしくは私の書いたデュエルオンライン完全マニュアルの1、2、3を読んで基本操作に慣れましょう。また、3−14にはサーバでのチャットおよび、対戦のマナーと常識も載せています。何がいけなくて何がしたら良いのかという、デュエルオンラインでのDos and Don'tsを載せていますので必ず目を通しましょう。
また、カードにも不慣れな人はたこぷっぴ〜さんのエキスパートルールHPで、主流カードおよび自分が使っているカードのルールおよび裁定を、確認しておきましょう。中には、よくルールがわからずにもめるケースも多く、それで嫌われることもあります。自分から勉強するのもネットで重要な事なのでしっかり読んで勉強してください。

今、遊戯王はかなり安定した軌道に乗っています。アニメもそこそこ面白いし、大会も活発になってきているので、オンライン対戦のほうも盛り上げて行って、更に発展に寄与しようではありませんか。この答申がそのきっかけになるのを切に望みます
posted by ブラック・マジシャン at 23:45| 兵庫 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | カードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8476294

--------------------------------------------------------------------------------
AV女優画像
Excerpt: 伊東●咲似素人娘20歳。極太チンポを挿入されパックリ開いたマ●コからザーメンが!
Weblog: AV女優画像
Tracked: 2005-10-23 06:36

というトラックバックがありますがトラックバックの仕組みを教えてもらえませんか?パソコン初心者なので。
Posted by 超マジメ君 at 2005年10月23日 10:31
記事編集時にトラックバックURLを所定欄に打ち込む→後は勝手にそのURL先にトラックバックされる

こんだけ。人の真面目な記事にこんなトラックバックすると管理者は大怒りですのでやめましょう。迷惑トラックバック逝って良し!
Posted by ブラック・マジシャン at 2005年10月23日 13:36
なるほど。少し頭が賢くなったような気がします。でもどうしてそういうところからトラックバックが来るのですか?ちょっと謎です。
Posted by 超マジメ君 at 2005年10月23日 20:04
業者が無差別にトラックバックするからですよん
Posted by ブラック・マジシャン at 2005年10月23日 23:33
ということは業者さんもこのブログを閲覧しているということですね?なんかビックリです。
Posted by 超マジメ君 at 2005年10月24日 00:52
逝って良し!…ってきつい言葉ですね。。英語で言うとGo to hell って感じですかね。まああんまりそういうものに目くじら立てずに寛大なこころを持ちましょうよ (^V^)
Posted by ホワイト・マジシャン at 2005年10月28日 10:05
これで、3回目になりますが多重HNは禁止しております。バレていないと思われているようですが、残念。このブログのコメント者全員のIPは管理者側にはモロバレです。

218.130.38.23からお越しの超マジメ君、ホワイト・マジシャン、軽くヤバイ?、(未入力)、アヲキふぁん、ザイン幹部などなどさん多重HNはおやめください。これだけ、多いと「家族共用です」と言われても信用できないです。(アヲキさんと天才少女さんは、PCが家族共用とのことなので、認めています)注意書きを守っていただけない場合、「鋼鉄粉砕〜、ゴールディオンハンマー!」という事で、そちらの書き込み削除およびコメント禁止をしなければなりません。

マナーがわからないとおっしゃるならば、http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/2909/bbsmaner.htmlの「掲示板の書き込みマナー」をよく読んで、マナーのある書き込みを勉強して来てください。次やったら、本気でゴルディオンハンマーを振るわないと駄目になるのでそこのところお願いします。
Posted by ブラック・マジシャン at 2005年10月28日 11:45
定期的にHNを変えるのも駄目なのですか?昨日辺りからホワイト・マジシャンでしばらくはそれでテストしようかと思っています。なかなか気に入ったHNがみつからないのでtrial and errorしてるんですよね。。
Posted by ホワイト・マジシャン at 2005年10月28日 13:59
>超マジメ君、ホワイト・マジシャン、軽くヤバイ?、(未入力)、アヲキふぁん、ザイン幹部

まぁ俺も昔はなかなか気に入ったHNが見つからなくて苦労したよ。。。(妹は途中で少し迷ってたくらいだったがな)
お前さんにもしっくりくるHNできると良いな。。。ブラック・マジシャンさんにこれ以上迷惑かけるなよ
Posted by アヲキ at 2005年10月28日 14:07
そもそも、自分の名前を定期的に変える意味ってありますか?HNとはそのサイト内の自分の名前なわけですから、固定して置かないと誰が誰だかわからなくなるでしょ。
Posted by ブラック・マジシャン at 2005年10月28日 14:18
変える意味はあると思いますよ、☆の数程にね
まぁいろいろ言いたいことはありますが面倒なのでここでは省略します。これから名前を変えるときは掲示板見ている人に分かるようにします。それなら大丈夫でしょう。
Posted by ホワイト・マジシャン at 2005年10月28日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。