2005年11月14日

Shadow of Infinity

According to トライスさんの「SHADOW OF INFINITY」の記事

取り合えず、勝つためのデッキ指南どうのは他の人に任せて、十代が使っていたカードのみピックアップしてみようかと。

ヒーローキッズ
モンスター・星2・地
戦士族・効果
攻撃力 300/守備力 600
このカードが特殊召喚に成功した時、デッキから「ヒーロー・キッズ」を任意の枚数特殊召喚することができる。

E・HERO バブルマン・ネオ
モンスター・星4・水
戦士族・効果
攻撃力 800/守備力1200
このカードは通常召喚できない。自分フィールドに存在する「E・HERO バブルマン」と手札の「突然変異」を墓地に送った場合のみ特殊召喚する事ができる。このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り、カード名を「E・HERO バブルマン」として扱う。このカードと戦闘を行った相手モンスターをダメージステップ終了時に破壊する。

スーパージュニア対決!
罠カード
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。その戦闘を無効にし、相手フィールド上の一番攻撃力の低い表側攻撃表示モンスター1体と、自分フィールド上の一番守備力の低い表側守備表示モンスター1体で戦闘を行う。その戦闘終了後、バトルフェイズを終了する。

続々とアニメに登場した十代の主力カードが揃いつつあります。

>ヒーローキッズ
忌々しい事に私の十代デッキは融合メインなため、モンスター単体の特殊召喚は考慮に入れられてないのです。エッジマンの触媒にはなるんですけど、ネクロダークマンがいますしね。確か、これを素材にした融合モンスターもいたと思うので、それが出るまで待つかな。とりあえず、2枚投入の予定。

>泡マンネオ
大体、ヒーローデッキに変異なんか入らないのに、コイツのために投入する羽目になるとは。しかも、突然変異は制限カード。タイミングよくドローなんて出来ません!せめて、ステータスをもう少し上げてくれていたら使い道はあったのですが。投入見送り。

>スーパージュニア対決!
遊戯デッキ戦で登場したカードですね。そのまま再現。ちょっと使ってみたい感じです。

以下、注目株

電動刃虫(チェーンソー・インセクト)
モンスター・星4・地
昆虫族・効果
攻撃力2400/守備力   0
このカードが戦闘を行った場合、ダメージステップ終了時に相手はカードを1枚ドローする。

ただいま流行りのサイカリバーの対抗手段になりえますね。サイバードラゴンとデスカリバーナイトが並んでいるときに、サイバードラゴンを倒して、誘発効果起動でデスカリバーナイトも自動的に消えてくれます。普通の戦闘では相手にドローさせるので、少々手痛いですが、サイカリバー対策としてサイドにいかがでしょうかね。
posted by ブラック・マジシャン at 22:05| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふぅー、遊戯王カードねぇ・・・・・・。
今更的に弟がハマりだしました。買い方及びプレイの仕方が見るに耐えない悪虐非道っぷりなので、今では救世主が光臨して弟を凹ませてくれないかなー。と、願う毎日です。
Posted by HUYU at 2005年11月15日 16:14
どんな悪逆非道っぷりか気になる・・・。
Posted by ブラック・マジシャン at 2005年11月15日 19:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。