2008年01月24日

真に倒すべき敵

前々から、自分が虚栄心に縛られた嫌な人間にならないように気を付けていたつもりだったのですが、見事に虚栄心に縛られた自分がいたので自己反省がてら今回は虚栄心について記事を書こうと思います。

前から負けず嫌いな気があり、何でもかんでも完璧にこなそうと考えていましたが、最近になってそれは自分が虚栄心に縛られているからではないかと思うようになったのです。虚栄心というのは、簡単に言うと「自分がすごい存在でありたい、周囲にそう思われたい」と思う心の事です。

自分は名誉を重んじるタイプで、周囲から良い評価を受けた場合は必ず責任を果たそうと考えています。誇りに人よりこだわるのはそれで、誇り高い人間になろうとしていたわけです。つまり、名誉心を常に持った人間を目指していました。

しかし、三木清の『人生論ノート』を読むと、名誉心と虚栄心についてこのように言っています。以下その引用。

虚栄心というのは自分があるよりも以上のものであることを示そうとする人間的なパッションである。虚栄心はまず社会を対象としている。しかるに名誉心はまず自己を対象とする。虚栄心が対世間的であるのに反して、名誉心は自己の品位についての自覚である。

名誉心と虚栄心ほど混同されやすいものはない。しかも両者ほど区別の必要なものはない。この二つのものを区別することが、人生についての智慧の少なくとも半分であるとさえ言うことができるであろう。
名誉心が虚栄心と誤解されることは甚だ多い、しかしまた名誉心はきわめて容易に虚栄心に変ずるものである。個々の場合について両者を区別するには良い眼を持たねばならぬ


後半部を簡単に要約すると、名誉心は簡単に虚栄心になりやすく、そうならないようにするには相当の知恵と目が必要であると言うわけです。

これを最近読んで、また名誉心と虚栄心について深く考えるようになりました。いかにすれば虚栄心に誘惑されないで済むか、誘惑されやすいならば、もしかしたら名誉心というのも不必要な物じゃないのか。お風呂に入っている間に思索にふけっていました。

よくよく考えて、ここ1年の地雷の踏みようは、自らの虚栄心が招いたのではないかと結論が行くようになったのです。人より優れていたいと考えて努力するからずれたことしか出来ない。それで自分だけひどい目に遭うのならばまだしも、他の人に迷惑をかけているのではないかと恐ろしくなったのです。

そして、その本の中で気になったもう1つの箇所がこれです。

streber―――
このドイツ語でもっとも適切に表される種類の成功主義者こそ、俗物中の俗物である。
他の種類の俗物は時として気まぐれに俗物であることをやめる。
しかるにこの努力家型の成功主義者は、決して軌道を外すことがないゆえに、それだけ俗物として完全である。


streberという言葉の意味がわからなかったのでネットで調べて見たら、こちらのブログで意味が書いてありました。そのページから引用させていただくと、このようになります。

「努力家」で「勉強家」の意ですが単なる努力家ではなく、生徒なら「一級(クラス)の上位にいよう、試験に高点を貰おう、早く卒業しようと心掛ける、其心掛が主になることがある。そういう生徒は教師の心を射るようになる。教師に迎合するようになる。昇進をしたがる官吏も同じ事である。

つい数十分前にこの意味がわかったときに、愕然としました。まさに、今までの自分はstreberだったのです。西洋では、このstreberをいやしむ傾向にあるようなのですが、まさに卑しむべき人物に自分がなっていたのです。

今まで、自分はたいした事無い人間だと思うのならば、たいしたことあるように努力すれば良い。理想があるならば、それが実現するように努力すれば良い。ダメな自分がいるとわかっているのならば、努力して改善すれば良い。

人間性を鍛えるために、そのために勉強を一生懸命やるというのも意義と目的に含まれていました。自分の名誉を守るために努力もするし、それに見合った行動をする。これが自分の生き方と考えていました。

しかし、この考えで努力すること自体が間違っていたようです。いや、名誉を守ると言う事がいつの間にか自分の虚栄心に転じていたのではないか。その名誉心から転じた虚栄心が、自分を勝敗主義者にしていたし、無意識のうちに自分が優位であると思い込んで行動していたから、今の地雷を踏みまくっている自分がいる。

はっきり言って、虚栄心などというデメリットには価値はありません。虚栄心と言う自分のデメリットをどのように捨てるか、どのように虚栄心に打ち勝たねばならないか、考える必要が出てきたようです。

真に倒すべき敵は、入試でも他者でもない。自らに存在する虚栄心だったのです。この敵とどう戦わなければならないか、これが私の課題のようです。

参考文献
堀尾輝久(1989)『教育入門』 岩波新書

三木清(1942)『人生論ノート』 岩波新書

posted by ブラック・マジシャン at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

授業終了

今日で授業が終了しました。レポート提出して任務完了です。もう1個メールで送信しないといけないレポートがあるのですが、それも1日で終りました。後はメール送信だけです。

これで安心したいのですが、大学院入試が残り1個あります。しかもテストが専門性の高い事を聞いてきているので、気を入れて勉強しないとまたこけかねないのです。頑張ります・・・。
posted by ブラック・マジシャン at 23:59| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

大学院への道

嘆きの壁破砕作戦ということで、今日は大学院の面接に行ってきました。

遠い大学なのに9時集合ということで、朝の5時半に起きて、6時には出撃しました。三宮からバスで1時間半かかって、乗り換えることになっていましたが、案の定バスを使っていたのでは9時に間に合わない。ということで、タクシーに乗って大学のほうに向かいました。やっぱり、通学って言うレベルじゃないですな。

さて、面接なのですが結局前日は何もできないでいました。あんまり考え込むと、また眠れなくなって地雷を踏みかねないのでバスの中で想定問題を考えていたのですがこれが思いつかない。結局、志望動機だけになりました。今までは対策を立てまくっていたのが、逆に油断になっていた気がするのですが、これもこれでいいのか分かりません。

で、面接のほうですが面接官は3人程度かなーと思っていたら、教授陣全員で面接と相成っていました。9人ずらりと並んでいて、担当と思しき人が一人ずつ質問していく形式です。冷静にいるようにしましたが、面接で気おされたのは生まれて初めてです。

こちらが想像していた以上に、アカデミックなところを突っ込んで来られました。たとえば、「Whole Languageとはどういう教授法なのか」とか「Great Vowel Shiftについて知っていること」などが質問内容でした。卒業論文の内容は詳しく記載していないはずですが、まるでこっちが書いている内容を見抜いているような質問の飛ばし方でしたね。

英語での質問もありましたが、緊張からか上手くしゃべれませんでした。それを差し引いても確実に英語力が落ちてきているのが感じます。

後、面接官に「フォニックスはあまり知られていないことはない」とか言われましたね。さすがに教師を教える教員たちですからこちらの知識など塵に等しいわけですな。これは、学士の気分でいると修士ではこけそうです。どちらの大学に行くにせよ、今まで以上に頭を絞らないと駄目そうです。

卒業論文で散々書いたこととはいえ、説明に手間取りました。いつもみたいにズバズバ要点を言うことが出来ませんでしたね。うーむ、大丈夫なのでしょうか。

この大学院に行くのだったら、オーストラリアでそうだったように宿舎に入る事になりそうです。まあ、徒歩1分でキャンパスなのと、使用言語は日本語ですからあっちよりは楽かなと。

滑り止めにもう1個受けますが、こちらは筆記試験があります。これも良い点数を上げておきたいので、もう少し粘ってがんばります。
posted by ブラック・マジシャン at 23:32| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

オ・・・オレの体がおかしい

ブログの更新をしようしようと思っていたら、10日もサボっていました。何だか、体が思うように動かないのです。ラダマンティスが頭の中で、「オレの体がおかしい」とか言っています。

しかし、まずいことに残り3つレポートとテストが待っています。特に再来週に出すレポートを落とすと単位不足で卒業できない。いつもだったら、スパッとかけるのにのに、書くネタが全然思いつかないんです。うーんピンチですね。

それと、明日は面接です。これでこけたら後がないのと、正確な場所が未だに分からないのでかなり不安です。愚痴を言っていても何の解決にもなりませんから、とにかくやれることをやります。
posted by ブラック・マジシャン at 02:34| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

Happy New Year in 2008

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
posted by ブラック・マジシャン at 20:54| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

気づけば大晦日

早いもので2007年も終わりです。今年は前半は良い感じに進んでいたのですが、夏でこけて以来散々な目にあった気がします。大学4年間も終わりが近いですが、3年間絶好調で来た分、終わりで盛大にこけましたな。

人生長いですから、嫌なこともいっぱいあるでしょうので、終っちゃったことをグダグダ言いませんが、来年はコケた分を取り戻す気でまたがんばろうと思います。

というわけで、クリスマスイブから更新しなかったので実感がわきませんが、皆様よいお年を。
posted by ブラック・マジシャン at 21:04| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

通学っていうレベルじゃねーぞ!

今日は、自分の受ける大学院の下見に行ってきました。同じ兵庫県内にある大学ですが、噂によると非常に遠いとの事で下見に行ったわけです。

行きはJRで行ったんですが、途中で乗り換えるときにおよそ1時間足止めを食らいました。何でも、1時間に1本しか電車がないとの事なんです。やっと電車が来たと思ったら、この電車ワンマン電車なのです。ワンマン電車なんて鹿児島とかのど田舎にしかないと思っていたんですが、まさか同じ兵庫県内にあるとは思いも寄りませんでした。

で、やっと目的地の駅に着いたと思ったら、ひどいことにバスがいませんでした。しょうがないのでタクシーに乗ったら、目的地までの運賃が3000円かかるとか。何でも、平日はバスが運行しているのですが、土日はバスの運行をやっていないとの事なんです。なので、その大学の学生は車での移動を余儀なくされると。

これはもはや、通学というレベルではありません。話を聞いただけで疲れ果てたので、大学を見ずにさっさと帰りました。受験日当日どうなるんですかねえ・・・。

癪だったので三宮でブラブラしていたら、某店で最近出た新生青銅聖衣セットの中身のばら売りがされていたので、そのスタンドセットを購入しました。

後、予想通りカップルが多くて腹が立ちました。今年もシングルベルでかつクルシミマスですな。
posted by ブラック・マジシャン at 23:59| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

卒業論文提出完了!

卒業論文を提出しました。とりあえず、懸案事項その1は完全に撃破したわけですね。人より取っ掛かりが遅かった上に英語で書いていて他の人よりもハンディがある気がするのですが、どうやら一番乗りで完成させることが出来ました。Academic Writing様々ですな。

ちなみに、飲み会があったのですがバイトのため行くことが出来ませんでした。延々1時まで仕事していました。それで記事を書くのがこんなに遅くになってしまいました。みんなが楽しんでいるときに楽しめないのはどうやら私の宿命のようです。

後は残っている単位を良い成績で突破するのみです。さあ、気合入れていきましょう。
posted by ブラック・マジシャン at 01:14| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

大学院入試説明会

今日は、自分が受けようと思っている大学の入試説明会に行ってきました。実は、大学のほうでも1回聞いていたのですが、言語系のコースの話は聞けなかったのと、もらった願書がどこかに行ってしまったということで、説明会に出た次第です。

心配していた入試ですが、何と筆記試験が免除になるみたいです。というのは、TOEICスコア700以上の人は筆記試験免除の上に、筆記試験の成績を満点として扱ってくれるとのこと。これで面接試験で良い点数を取れば合格できそうです。

何はともあれ、今後の方針が固まりつつあります。油断せずに突っ走ろうと思います。
posted by ブラック・マジシャン at 23:44| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

卒業論文その11

ついにすべてのセクションが大まかにかけました。総計で24枚になっています。今度はアブストラクト(概要)を日本語で書かないといけないのですが、これはちょちょーと書けるでしょう。伊達に普段からコラムを大量に執筆していませんよー。

今度は細かなすりあわせを行わないといけません。実際自分で英語で書いてみてわかりましたが、大まかな文法などは問題ないのですが細かい表現になってくると、「俺様英語」が発動していてろくなことになっていませんでした。また、Discussionの部分も議論が飛躍してしまっていたりする部分が残されているので、これも調整しないといけません。これらの微調整を行わないと、論文としてまずいのでよく見ておこうと思います。

後、大まかに書けたとはいえ予想されうる反論をすべてつぶしておかないと客観性に欠けるのでそれも考えておこうと思います。何はともあれ、冥界での戦いはそろそろ一段落です。

ただ、この後大学院入試という地獄の最終地が待っています。卒論はこのための前哨戦に過ぎないのですね。大学院に進学した後も、採用試験合格というのは大きな課題です。聖闘士星矢風に言うと、嘆きの壁を突破してエリシオンにいくようなものでしょうか。

何はともあれ、打倒ハーデス(採用試験)ということで私の戦いはまだまだ続きます。
posted by ブラック・マジシャン at 13:46| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

卒業論文発表

日があいてしまいましたが、今日が卒業論文の発表でした。

発表の準備自体はちゃっちゃと終ったのですが、論文のほうは未だにDiscussionセクションで青銅聖闘士が戦っているところです。気分は、冥界三巨頭の一人を相手にしている状態ですね。さっさと攻略してしまいたいところです。

14日の締め切りまで粘りますよ〜。
posted by ブラック・マジシャン at 23:59| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

Graduation Thesis Part.9

I have finished writing the section refferring to phonics rule. I have passed Second Prison in the inferno.

At the same time, I have finished writing result section as well. This is the step stone to discussion. So, it is possible that I have to revise it depending on Discussion section.
posted by ブラック・マジシャン at 22:40| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

卒業論文その8

アンケートの調査結果が全部出たので、データの入力をしました。不正解率の合計や各々の割合も全部出せたので、今度はグラフ作成に取り掛かっています。自分が使いたいデータは9割がたグラフ化出来たのですが、単語の覚え方別での習得度の差をどうだそうか考えています。

聖闘士星矢の冥界編風に言うと、第三獄(プリズン)は突破できた状態です。脳内の青銅聖闘士の一人が第二獄(フォニックスルールの説明執筆)で戦っていますが、これも何とか突破したいと思います。

さあ、ついに戦いが佳境に移ってきました。上手いこと卒業論文を推敲しようと思います。
posted by ブラック・マジシャン at 07:36| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

卒業論文その7

アンケートの結果が出始めたので、統計を出し始めています。先生とエクセルとにらめっこして表を作っていました。表のフォーマットは決まったので、後は数値打ち込みを行うのみです。

とりあえず、71人分を今晩の間に済ませました。思っていた以上に早く打ち込むことが出来ました。気分はニアの「ジェバンニが一晩でやってくれました」状態です。

このまま残りのデータも打ち込んで何と何を比べるかを考えようと思います。
posted by ブラック・マジシャン at 23:59| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

卒業論文その6

何とか、英語史の話は(暫定的に)決着付きました。地獄の1丁目突破です。

次は、フォニックスのルールと実験方法を延々と書かないといけません。統計を出す前に書くべきこと全てをかけていれば、考察する時間も出てくるので余裕が出るのですが。うまく行くかしら、どきどきです。
posted by ブラック・マジシャン at 19:55| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

卒業論文その5

めんどいのでたまには日本語で。

卒業論文ですが、かなり苦しい戦いを強いられています。ただいま、英語史について書いていますが、大母音推移のリサーチ不足がたたって説明に苦戦しています。幸い、文献は見つかっているのでこちらから引用して説明しようと思います。

英語のスペルと発音の不一致を説明するにはキャクストンの印刷技術の話と大母音推移の話は不可欠なのです。しかし、背景事情説明するのに、ここまで苦労させられるとは。しかも、これはフォニックスを導入するための単なる前座に過ぎないという。前座なのに、いきなり末梢的になってきているので、苦労して書いても没になる可能性大です。

実験も来週に控えています。アンケート自体は作成できているのですが、統計をどうだそうか考えています。これが思うようにいいアイディアが浮かびません。

さらに、留学中に書いていたように英文が書けません。色々なことがあって、スランプになっているようです。たとえるなら、小宇宙(コスモ)が思うように燃やせない星矢状態になっています。このままでは、良い結果が出せそうにないですね・・・。

そんなこんなで書いていますが、本当に締め切りに間に合うのか、不安になってきました。ここまで窮地に立った戦いを強いられたのは、久しぶりですね。意地でもがんばります。

尚、卒業論文が終るまで、当ブログは「日記」ではなく「不定記」となります。前からサボっている日が出てきていますが、サボる日が増えるということです。ご了承ください。
posted by ブラック・マジシャン at 23:59| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

Symposium

I took part in a JASTEC symposium as a part time receptionist. This is one-day part time job, but the income is fairly high. (8000 yen a day)

This simposium treats the English education for elementary school students. From next year, fifth and sixth grade students are to be take English class compulsorily. This change would facilitate students' acquitsition of English language.
posted by ブラック・マジシャン at 23:59| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

Graduation Thesis Part.4

The contents of my questionnare used in my graduation has been determined. I will distribute this sheet two weeks later. I have to set up the mark system in order to collect accurate aquisition of phonics.

I have also started to write the graduation thesis as well. I am now writing introduction and previous works. I hope that I would like to write it as much as possible until the questionnare will be distributed.
posted by ブラック・マジシャン at 23:36| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

The revival of my PC

My personal computer has returned from fixing. It cost me 21500 yen to have it fixed.

After all, the fan and keyboards are renewed. I am glad that it came back earlier than I expected.
posted by ブラック・マジシャン at 23:59| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

自己反省その3

人の言う事を大げさに捉える上に、真に受ける点
自分を成績主義者・勝敗主義者たらしめる要素その2。私は、自分がプライドをかけていることを馬鹿にされるのが嫌いです。ですから、最近になっては自分は相手のことを馬鹿にしないように努めています。

これが、服装だとか彼女いるいないとかの自分がどうだっていいと感じていることに関しては放っておけるのです。前者は、暑さ寒さしのげて、綺麗な服を着ていれば十分、彼女云々も友人関係ですら、表層の関係が嫌いな自分は、まるでアクセサリーのように女性と付き合うのが嫌なのです。(もてない自覚もあります)付き合うなら、自分が心から愛せる人でないと駄目と思っているから、やっぱりこれも無視できる。

しかし、これが今まで自分が打ち込んできた英語であるとか、教員になることに関しては嫌なのです。立場上上である先生や自分が認めている友人などに悪いことを言われたら、まだまだだなという自覚が芽生えてがんばろうという気になれるのですが、自分の認めていない人に言われるのが一番腹が立つ。

こうなる理由を考えると、どうも私は人に言われたことを真に受けるからこうなるようです。しかも、悪意に関してはわざわざ増幅させて捉えてしまうので人よりも鬱になってしまう。

その結果、他者に文句を言われたくない、馬鹿にされたくない、自分より上がいるのは認めたくないわけですね。そうならないために努力しているつもりですが、どうも中途半端感は否めないし、きりがない。疲れてきます・・・。

戦闘マシーンに中途半端になる点
前から自覚がありましたが、私も結構な目的志向者だったようです。大学時代、最初から教員になることしか考えていなくて、授業も必死に受けました。学費を出すためにバイトをしてきました。人間性が求められるとのことで、クラブや留学もしました。そのために、自分の趣味は自分がやりたいことよりも抑えて、他の人よりも遊びを少なくしました。すべては教員になるため。

教員になるために、採用試験を一撃で通るために、自分の理想とする教育を行うために、すべての障害を排除しようとする。面接重視だといわれれば、そこで相手を打ち負かすために、誰よりも上に行くために、優秀でかつ奇抜なことを言おうとする。それだけじゃ駄目そうなので、筆記試験でも出来るだけ点数はとっておく。すべては、「勝つ」ために・・・。

たとえ、点数主義といわれようが、余裕がないといわれようが、マシーンといわれようが、戦って結果を出さなければ、何にもならない。結果さえ出せれば、相手は何もいえないんだから。

しかし、この考え方自体がおかしいのではないかと気づきました。相手より上に行こうと常に考えて行動している人間の人間性など、たかが知れているのではないかと客観的に思うようになってきたのです。

もし仮に、この考えがまかり通るとすれば、今までやってきた分だけですらまだ足りないのです。振り返ってみて、中途半端だったよなあという自覚もあれば、これではまずいんじゃないかという自覚も出てきました。

人間性の高さ低さを決める要素は何なのか、私にはわかりません。人間性重視という採用試験を通るにはどうすればよいか、まだ見えません。

論理に捕らわれ、心を見失っている点
上と関連して、理路整然であれば人が付いてくると思っていましたが、どうも違うようです。というのも、いかに正しいことを言ったとしていても、その人がどう思うのか、実際にそうしようと思うのかは別問題ということ。つまり、主観と客観は違うということです。

このことを考慮に入れていなければ、いかに優秀な能力を誇ろうが、いかに結果を出していようが、誰も付いてこない。

情報過多な上に、それを100%伝えようとしている点
私の左のコラム集を見ればわかりますが、私は物事を深く深く考察しようとしています。だから、必然的に情報量が多くなっていくし、そのすべてを相手にぶつけようとしています。だから、ブログの記事も結構長いものがあるはずです。

これを通常のコミュニケーションにも適用している自覚が最近出てきました。つまり、私は結構なおしゃべりなのです。しかも、情報を多く提供しようとするあまり、早口になりやすい。気をつけないとなあ・・・。

以上、まだまだ色々ありますが、情報過多からの脱却を図るためにこれまでにしておきます。
posted by ブラック・マジシャン at 02:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。