2006年10月18日

Word list Part6

This is my list of words which I did not understand or have a new meaning for me.

続きを読む
posted by ブラック・マジシャン at 20:34| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

Glossary for tomorrow's test

The following are my glossary for next exam. I must memorize this word for smooth interpretation.

Social security・・・社会保障
Benefit・・・給付金
Contributory・・・寄付の 出資者
Finance・・・〜に融資する 財政を管理する
General taxation・・・一般税
Billion・・・10億
82.6 billion・・・826億
94.7 billion・・・947億
Allowance・・・手当て
Pension・・・年金
Entitle・・・〜の資格がある
Authorized Review Officer・・・
Publication・・・発表 出版物
Inquiry・・・質問
Charge・・・〜を請求する
Eligibility・・・適正 資格 非選挙資格
Single parents・・・一人親
Beneficiary・・・受領者
Be subject to・・・〜を条件とする
Means・・・財産 資力 収入
Sufficient・・・十分な
Terminate・・・失効する
Asset・・・財産
Holiday home・・・休暇用の別荘
Superannuation・・・退職手当
Deem・・・〜と考える
Exempt・・・免除する
Medicare・・・医療保険
Assurance・・・保証
Support・・・生活費
Sponsor・・・引受人
Liable・・・法的責任がある
Bereavement・・・死別、両親に先立たれること
Parenting・・・育児
Pharmaceutical・・・調剤の 薬学の 薬
Sheltered employment・・・保護雇用
Window・・・窓口
Discretionary・・・任意の

こっから日本語で。ガオファイガーのコラムの画像を修正したり補正したり付け足したりしました。ついに小林清志のナレーションが入りましたよ。これで完成度が65%くらいに上がりました。左バーのリンクからどうぞ。
posted by ブラック・マジシャン at 17:49| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

Anime for children vs Drama for adults

I found the language in anime for children are very formal. There is no slangs and grammar is correct although characters speak fairly fast. As children watch the program, if slang is used, children who watched the program will mimic the inappropriate language.

According to my friend, on the other hand, language in drama is very casual. In the ordinary speech, pronunciation and words are shortened or so-called slangs are used in the conversation. If you are not accustomed to use the words, it is quite hard to catch the characters' speech.

The reason that I can easily catch speech in Yu-Gi-Oh GX seems to come from the formality of language. In Japanese education, we study formal English language thoroughly. Hence, we are accustomed at formal language. Moreover, we are good at writing and reading comparing with other non-native speakers. Of course, most people are weak in English because Japanese language is very different from English in many points.

Some people like to study English from movies. However, such people tend to be weak in grammar and writing. Of course, listening and speaking is very significant factors to use English. But, if you really want to be good at English, you are required to listen to appropriate language and use it. So, it is integral to read an English text and express yourself in both oral and writing way. I think we can not make light of animes for children if you are weak in English.
posted by ブラック・マジシャン at 16:17| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

Listening Comprehension

I am getting to improve my listening comprehension in conversation. However, I have defect in watching TV. I can not catch what characters or actors say in drama. It is easy to have back ground knowledge. I can understand the contents when I watch "Yu-Gi-Oh! GX" on TV.

On the other hand, I can not understand drama and variety programs such as "All saints" and "Big Brother". I sometimes watch the programs, but I feel bored. So, I keep myself from TV. Therefore, my listening comprehension seems going down.

According to my friend, even native speakers can not catch what is said on TV either. The reason to understand the contents is because they watch the program every week. So, they have background knowledge as well as I watch "Yu-Gi-Oh GX". It is high enough to understand what happened in the program.

I will watch TV taking care of this statement.
posted by ブラック・マジシャン at 20:13| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

Standard Written English

I have decided which topic I will use in the assignment of History of the English language. Today, I went to the library to research books. I found some good article in the library. In historical view, it is easy to describe the history of the English laguage.

I am going to use Caxton and printing. In the 15th century, printing was introduced by William Caxton. By the time, scribes had been writing by their hands. So, mistakes spelling were inevitable when they copy the book. Moreover, hand-written book was very expensive despite less accuracy. Printing consequently resolved these problems and introduced the standard written English. And then, printing contributed many aspects of development of English language. (Knowles 1997)

I will write the detail in my essay. This is like a preview. So please look forward to my essay.

KNOWLES, G., 1997. A cultural History of English Language. New York: Arnold.
posted by ブラック・マジシャン at 20:49| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

Word list Part5

Following are the words which I did not known.

続きを読む
posted by ブラック・マジシャン at 23:32| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

Synonym and Preference

This is my second assignment of History of English Lanaguage. I delved into the relationship between synonym and borrowings. I found some interesting points through the research.

続きを読む
posted by ブラック・マジシャン at 23:38| シドニー | Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

Useful tools for studying English

As I am studying English in a foreign country, I face unknown words every day. So I always use my electronic dictionary to look them up. However, my English-English dictionary is a little bit inferior to a paper dictionary. For instance, my dictionary does not describe etymology, what language the word was from. Oxford dictionary, one of famous dictionaries in English, contains the era when the word was used for the first time, the text and etymology. I prefer to use Shorter Oxfod Dictionary for research. The word I have not known is resolved both English-English dictionary and my electronic dictionary.

On the other hand, online dictionary is well-developed in foreign language. Today, I am showing some useful online dictionaries.

スペースアルク http://www.alc.co.jp/

This is an English-Japanese online dictionary presented by a Japanese company. You can find word definitions, sentence examples and expressions very quickly. If you want to work as an interpreter, you should know this good dictionary.

Wiktionary http://en.wiktionary.org/wiki/Wiktionary:Main_Page

Wiktionary is a kind of Wikipedia. This is edited by many people. So, you can not use as a reference because no authority and mere accuracy exist. However, this is updated every day and you can obtain the latest information.

Dictionary.com http://dictionary.reference.com/

This is an excellent online dictionary. Several online dictionaries are combined. This also contains a thesaurus. You can easily find synonyms and antonyms. You should use this dictionary.

Online etymology dictionary http://www.etymonline.com/

This is administered by a professor. You can get the information of etymology. If you want to learn History of English Lanaguage, you should know this dictionary.

In this way, there are so many dictionaries on the Internet. You can use the particular dictionary for your purpose.
posted by ブラック・マジシャン at 16:42| シドニー ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

Borrowings into English language

This is the first assignment of History of English Lnaguage. The mark was 6 / 10. Most students obtained 6 or 7. No one failed but the score was severe.

English language has the largest number of vocabulary. However, the majority of them were borrowed from other languages such as Latin, French and Greek. In order to describe things which can not be explained with original words, English speakers in the past time had to borrow the words to describe them. They were affected by the historical situation such as religion, the governmental system or authority at the time. This essay focuses on five loanwords and explains where it originates, the original meaning and the present usage in English languages. In addition, the reason why the words were borrowed is presented or deducted.
The first loanword is “tsunami”. Tsunami originates the Japanese word, 津波(つなみ/ tsunami). The word literally stands for “the wave at a port”. Japanese speakers know the meaning because each Kanji stands for a certain meaning. In this case, 津 / Tsu stands for a port and 波/nami stands for a wave. According to Shinmura (1998), it means a high wave caused by earthquake. In English usage, it stands for a tidal wave, which is same as the original one. For example, it can be used in the following. “The tsunami in Sumatra killed a great number of people.” Tsunami is used in both languages as a name of disaster.
The reason why this word is borrowed from Japanese can be deducted from the geographic reason. As a lot of volcanoes exist in Japan, big earthquakes are more likely to occur than western country. Moreover, Japan consists of four islands and the islands are surrounded by the ocean. Therefore, earthquakes in Japan are likely to cause tsunami. On the other hand, Western countries do not hold the volcanoes causing a big earthquake, compared with Japan. Therefore, tsunami is less likely to occur than Japan. Harper (2001) describes that this word is used in 1897 for the first time. In order to describe a tidal wave caused by earthquake, the word “tsunami” should be borrowed from the Japanese word.
The second loanword is “dictionary”. This originates from Medieval Latin word, “dictionarium”. This word is the combination of “diction-“, which is the perfect passive voice of “dictus”, standing for “to speak”, and “–arium”, which is indicating a room or place. (Anon 2006) And according to Brown and Trumble (2002), the etymology is “dictionarium” and “dictionarius”, which are also Latin words. The former one stands for a manual and the latter stands for a book.
Dictionary in the present society means “a book that gives a list of the words of a language in alphabetical order and explains what they mean, or gives a word for them in a foreign language”. (Brown and Trumble2000) Showing example of usage, “A dictionary provides several information of a word for users.”
Harper (2001) describes that the first use of “dictionary” was in the title of a book “Latin Dictionary” written by Sir Thomas Elyot in 1538. It is regarded that development of studying of Latin caused demands of dictionaries. However, it seems that no dictionary exist in English lexicon until then. This word would have arisen for such a reason.
The third word is “cancer”. This originates from Latin word “cancer” and it means a crab. (Anon 2006) According to Brown and Trumble(2000), the present meaning of cancer is a cell disease in the body. This word can be used in following ways. “Cancer is now a common serious disease of human kind.“ “Smoking can cause lung cancer.” Nowadays, the word is used as a name of disease.
The reason why this word arose is quite interesting. Harper (2000) describes that this word arose because the diseased point was similar to a crab and named cancer in Latin. It was borrowed into English later in order to describe the illness. The original meaning described both a name of animal and disease, but English one does not retain the meaning of animal. Similarity of things can affect the meaning of a certain word.
The forth loanword is archaeology. This word originates from Latin and Greek. The original Latin word is “archaeologia”. And archaeology comes from Greek word “arkhaioloia” as well. (Brown and Trumble 2002) According to Anon (2006), arkhaiologia stands for ancient study. Arkhaios means ancient and logia means study.
In contemporary English language, this word means ancient history and the systematic description or study of human antiquities. (Brown and Trumble 2002) In the present society, the word can be used in this way. “I major in archaeology.” No remarkable changes are verified the both meanings of etymology and contemporary word.
The reason why this was borrowed from Latin and Greek can be deducted that the subject had not exist until English language became common words in the western countries. According to Harper (2000), the first record of use was confirmed in 1607.
The last word is myth. This word is from Modern Latin “mythus” or “mythos”, which is from Late Latin. Mythos originates from Greek word, “muthos”. (Brown and Trumble2002) According to Harper (2000) those words imply speech, thought and story as well.
The meaning has the same as that of contemporary English. Nowadays, myth retains two meanings; a traditional story, either wholly or partially fictions, providing an explanation for a popular idea concerning some natural or social phenomenon or some religious belief or ritual and a widely held story or belief. (Brown and Trumble 2002) For instance, this word can be utilized in this way; “The story comes from the Greek myth” or “The myth that a quick thing is better than slow one is denied.”
Harper (2000) shows that the origin of first meaning is unknown, but the general senses of “humor” and “untrue story” are from 1840. The reason why this imprecation arose can be deducted that the development of archaeology. The development tells the true history. The myth, which is related to the god’s story, is found untrue. In other words, the story which had been believed as truth was denied by archaeology. Perhaps, the gap would have led to make such a meaning.
In this way, English language borrowed a great amount of words from other languages. The words which are used in the present society originate from Greek, French or Latin. However, no reason why they were borrowed was suggested in this essay. They are nothing but deduction. Further research should be recommended.

Reference
Anonymous. (2006). Wiktionary [online]. Available from: http://en.wiktionary.org/wiki/Wiktionary:Main_Page [Accessed 18 August 2006]

BROWN, L. AND TRUMBLE, W., 2002. Shorter Oxford English Dictionary. 5th ed. United Kingdom: Oxford University Press.

HARPER, P. (2001). Online Etymology Dictionary [online]. Lancaster, Available from: http://www.etymonline.com/ [Accessed 18 August 2006]

SHINMURA, I., (1998). Koujien. 5th ed. Japan: Iwanami Shote
posted by ブラック・マジシャン at 18:51| シドニー | Comment(6) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

vs History of English Language

This is the reminder of my assignment of History of English Lanaguage.

The last assignment is revealed in the class. I am required to write an essay to analyze history of English language. I must select one topic of the three.

1.Textual Analysis

2.Historical Analysis

3.Socio-linguistic Analysis(Power)


I am going to select the second one. I will do my best.
posted by ブラック・マジシャン at 18:15| シドニー | Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

Word List Part4

This is word list for my examination. Yesterday I showed the words I did not know in education area. This is vocabraries for welfare and housing.



続きを読む
posted by ブラック・マジシャン at 17:25| シドニー ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

Word List Part3

This is the word list which I did not know. The paper provided as a material was so difficult. Even native speakers say "This is a crazy paper. It is so long and difficult." I could not show all words in the former list.

And I have a word test for interpreting. Those words are also included. This is the list.

続きを読む
posted by ブラック・マジシャン at 15:01| シドニー ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

Educational Problem in the University

The topic of my assignment is the problem of education in university. Today, I will introduce that to you.

Wilshire (1990) describes educational problems in the research university. Students are not motivated to study their subjects and have compliments about their class. For, professors treat their undergraduate students as if they were workforce for professors' research. The students can not study their study despite high motivated students.

The causes of such bad tendency are professionalism and mutual exclusive notion. Their consciousness is fixed by only one academic field. And professionalism demands professors to "produce" published work and their authority. Otherwise, the professors can not survive in the university. These leads to make research a burden and professors can not help using their students like a co-labour.

Although such problems are suggested, my university seems to provide us with opportunity to study something. Though this is natural, lectures are held every time on time and professors provide interesting knowledge for us. Although it tends to be a passive lecture for students, we can improve some skills.

However, some students do not seem motivated in Japan. I know what they want to study depends on their willingness and what they are aiming for. I have never been treated as if I were a worker for professors like in the foreign research university. Enthusiastic students, however, are so rare. It seems that the problem in Japan differs from those of foreign country. Things are not absolute but comparative.

Reference
WILSHIRE, B., 1990. Professionalism and Purification Ritual: Alienation and Disintegration in the University. The Journal of Higher Education, Vol.61, No.3, pp.280-293
posted by ブラック・マジシャン at 16:42| シドニー ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

Word Lists Part2

This is my word lists I checked the dictionary. There are so many terminology that the word list of my dictionary became full.

to the list
posted by ブラック・マジシャン at 17:30| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

The mystery of archaeology

My long time mystery was resolved through researching the etymology. I do not know the reason why "archaeology" spells in this way and is pronunciated arki;ology.

When I was looking for the definition of archaeology with Oxford English Dictionary, I found the etymology. The word originates from Latin word archaeologia. And the word is from Greek arkaiologia.

Through a long time, spelling did not change but pronunciation did so. According to the lecture, word pronunciation is easy to change because of time, but spelling is not so. Once spelling is used, it is hard to change the spelling because spelling must be same as others.

My deduction that spelling and pronunciation issue would be resolved by looking at English history is true.
posted by ブラック・マジシャン at 20:29| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

意味の範疇化

最近、授業が少なくて色々勉強したいなと思ってくすぶっているところにこんなメールが届きました。というわけで許可を得たので、今回はその紹介と私なりの答えを提示しようと思います。

PN.帝さん(高校3年生より)
私は現在、言語学部を目指す高校三年生なのですが、英語が好きで、
将来は言語学の中でも特に英語学を学ぼうと考えています。
ブログを見る限り言語学のことにもブラック・マジシャンさんはお詳しい様子なので、相談事があります。

私の自宅の近所には中学校のアメリカ人のALTの先生が住んでたり、
学校にはイギリス人のALTの先生がいたり、と外国人の人と会う機会は
あるのですが、特に親密というわけではなく、また海外の留学経験もないため、外国に対する知識が自分にはほとんどと言っていいほどありません。

今、私は意味の「範疇化」、つまりことばが違えば物事の捉え方や考え方が
違ってくる、という事について調べています。
例を挙げて分類・分析し、何故そうなったのかの原因を探り、説明せよ、という課題が大学側から渡されたのですが、難しい課題のため四苦八苦してます。
この課題に対し、どういったものを提示すれば良いだろうか、自分でも色々な文献を見たりして調べてはいるのですが、海外に住んでいらっしゃるブラック・マジシャンさんからなら、より良いお話を聞けるのではないかと思い、メールを送りました。もしお時間があれば御返事を頂けるとありがたいです。


高校3年生に、英語学概論をやっていないと解けないような課題を出してくるとは鬼な大学だなーとか思っていたのですが、英語学概論の学生魂に火がつきました。というわけで、英語学概論をやった学生としての答案というより、答えのヒントを記載します。

「範疇化」というのは私も聞いたことありませんでしたが、言葉が違えば意味も変わってくるという説明でよくわかりました。では、そもそも意味を分節する言葉とはどういうものでしょうか?それを考えなければ、この課題をクリアするのは難しいと思います。よって、「言葉」について少し説明したいと思います。

言語学でもオーソリティのある(というか、認知言語学の礎を築いたので、その手の流派の人には神に等しいかもしれませんけど)ソシュールによると「言語は記号である。Language is symbolic.」という言葉があります。つまり、言葉はあるものを指し示すための「記号」として用いられるものです。

ちょっと、漠然としすぎていますから、もうちょっと具体的な例をあげましょう。たとえば、目の前に「チョーク」があるとしますよね。その「チョーク」を見ると「チョーク」という「言葉」というより「音」を想起、つまり思いつきます。逆に、「チョーク」という音を聞くだけで頭の中で(あの白くて黒板に文字を書いたりするための道具の)「チョーク」という「もの」を想起します。これが言葉は記号であるという意味の説明です。

ただ、留意しなければならないのは「言葉は同時に恣意(しい)的である」ということです。これはどういうことかというと、「言葉と音の結び付きがこうでなければならないと決まっているわけ」ではないということです。

ちょっと例を2つ挙げて比べてみようと思います。たとえば、→という記号を見てみましょう。この記号を見れば、「右」と誰しもが想起すると思います。しかし、これを上とか斜め下と思う人はいませんね。これは記号と概念の結びつきが非常に強くて、それ以外のことが想起できないわけなんですね。

しかしながら、言葉はそうではないんですね。さっきのチョークの例を考えて見ましょう。言葉において、このチョークというものを描写する方法はいくらでもあります。たとえば、今から白くて黒板に字とかを書くものを「クーチョ」と呼ぶようにしましょう・・・なんてことも多数の一致があれば出来るわけなんです。他にもやろうと思えば、色々と出来ます。(これからチョークのことを「ガガガ」と呼ぼうとか)その言葉を使う人間の大多数の同意が必要になるので、現実には難しいですが。普通の「記号」と「言葉」というものの差異はこういう点にあります。すなわち、言葉は「意味と音による記号が必ずしも一致している必然性はない」、こういう状態のことを「恣意的である」といいます。もし、必然性があるのだったら、どの言語でも「チョーク」と呼んでいるはずです。

もう1個範疇化を説明するのに必要な概念として「スキーマ」というものがあげられます。スキーマとは「個人の経験の蓄積」です。これは難しい概念で言葉では説明しにくいのですが、この「スキーマ」が存在するつまり経験の蓄積があるから、人間は色々物事を考えたり、描写したり、物事を記憶することが出来るわけなんです。

そして、言葉というものの正体の説明をするには実はスキーマが大きく関係しているのですね。スキーマで得られたものの情報とか、物の形や様子を描写するために言葉を使用します。言い換えると、言葉は自分の周りの世界、もうちょっと言い換えるとスキーマを分節化するためのものです。さっきのチョークの例だと、チョークというこの世に存在する物、そして自分の経験上で知っているものを切り取って描写するために「チョーク」という言葉があるわけなんです。言葉によってコミュニケーション出来るのは、言葉がお互いのスキーマを分節化して説明してくれることの副産物であるというわけですね。

ただ、「経験の蓄積」というものは個々人で変わってきます。文化の違いであるとか、個人の経験によって物事の捉え方が変わってくる。もちろん、文化が違えば、言葉の使い方も変わってきます。言葉の使い方や考え方、感じ方が違えば、描写しているものが微妙に違ってきますから、物事の捕らえ方も微妙に変わってきますよね。例を挙げると、「主観」の描写です。よく日本人は「かっこいい」という言葉を使いますよね。でも、その「かっこいい」は英語圏で話す人にとっての「格好良い」に当たる"cool"と捕らえられるかというと、必ずしもそうではない。それは、文化が違ったり、言葉が違うせいで、「格好いい」という描写も個々人によって、というより言葉を話すグループだとか、文化の違いによって変わってくるわけです。これが範疇化の説明です。

おそらく、私の答案としてはこのような説明を行います。とにかく、必要なキーワードは言葉も大事なのですが、その文化における物事の捉え方、そして同時にその描写の仕方を自分の言語で比べたときの差異であるとかが範疇化の説明の鍵となるでしょう。

最後に覚えてほしいことは「文化と言葉というものは密接な関係がある」ということです。言葉を無視して文化の説明は出来ないし、文化を無視して言葉を説明することも難しい。文化一つ破壊するには、そこで使用されている言葉を全面禁止すればその文化は簡単に破壊できます。(卑近な例では、アイヌ民族の歴史を見てください)それだけ密接にかかわるわけですから、色々な角度から切り込まないと説明は難しいでしょうね。
posted by ブラック・マジシャン at 21:25| シドニー | Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

Loanwords

The first assignment of History of English Language has been revealed. This is about loanwords. English language has the largest number of vocabulary. However, most of them are loanwords, the words borrowed from other languages. I must show five loanwords, explain where it comes, original meaning and the contemporary usage of the words.

I think the most familiar example for us is tsunami. This is from Japanese words and the original meaning is tidal wave. The present meaning is also tidal wave. This is very easy to explain for us.

I must prepare for this essay. I am so excited to write the new challenge. I can say good-bye to boring days and say hello to busy days.
posted by ブラック・マジシャン at 13:44| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

Wikipedia

I have begun to study for the education examination. I have too much time because of no part time jobs and no homework now. As I feel myself wasting this precious free time, I am preparing for my final goal.

However, I do not have materials to study. I come up with using the internet. Wikipedia is available to research for basic knowledge of education. Basically, Wikipedia is not available for evidence in academic writing because anyone can write and revise articles. That means Wikipedia has no athority. But, details are written pretty well in spite of no athority. Even just reading roughly, you can obtain specific knowledge.

Of course, I am required to study English as well. Basically, I would like to read many articles about education and English language. My campus has Education course. The campus must have many educational books. I want to study hard because I had much rest.
posted by ブラック・マジシャン at 16:47| シドニー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

学校でわからなかった単語一覧

前の語学学校の最後のコースから、わからない単語を英語辞書の単語帳に保存していました。後から復習できるようにですが、休みに入って以来まったく復習しなかったので、記事にして復習します。(こういうときにブログって便利ですねえ)

最初のコースの間は、正直高校レベル〜大学でやった英単語が使えればおしまいだったんですが、最後のコースはIntensiveということで、短期間の間に相当英語力を上げるコースだったので、英語検定1級くらいから出るんじゃないかなという単語もざらにありました。単語帳登録機能が4週間で満タンになりましたね。以下その単語軍団です。アルファベット順に体系化してあります。

abrasive・・・研磨用の すりむく 不愉快な
abstract・・・要約する 要約
aduktery・・・不貞行為
advocate・・・主張者 支持者 代弁者 仲裁人 〜を主張する
affluent・・・裕福な 豊富な
agenda・・・協議事項 予定表
allocate・・・分配する 割り当てる
altruism・・・利他主義 ←→ egoism
analogy・・・類似 推論
analyze・・・分析する
annex A to B・・・AをBに併合する
annex・・・付け加える 添える
      無断借用する
annote・・・〜に注釈をつける
apartheid・・・アパルトヘイト
appearance・・・外見 様子 状況
assail・・・攻める 襲撃する
assess・・・〜査定する 〜かどうか判断する 〜課す
assessment・・・査定 評価 見積もり
assumption・・・想定 推定 前提
asylum・・・(孤児老人などの)保護施設 避難所 亡命
backwash・・・余波 悪い後味
beneath・・・〜の下に 〜の真下に 〜に劣る
bleak・・・寒々とした 荒涼とした
bold・・・大胆な 厚かましい
bracket・・・括弧
breadth・・・横幅
bust・・・〜を壊す だめにする
capitalism・・・資本主義
casualty・・・死傷者 被害者
cherish・・・〜を世話する
cholonological・・・年代順の
citation・・・引用文
cohesion・・・結合 つながり 団結
collate・・・〜を照合する
commotion・・・激動 騒動 動揺
communism・・・共産主義
compassion・・・同情 哀れみ
compile・・・〜を編集する
conception・・・着想 考案 妊娠 胎児
concession・・・譲歩 容認
concordance・・・一致
consent・・・同意する
consistent・・・一貫した 矛盾しない
constrain・・・〜を強いる 〜を束縛する
contraception・・・避妊
contradict・・・〜を否定する 〜に反論する
conventional・・・型にはまった 平凡な
convert・・・〜を転換する
corrupt・・・堕落した 配した
counterpart・・・対応する物
deceit・・・偽り 欺くこと
deduce・・・演繹する 〜を推定する
deduct・・・差し引く
deficit・・・赤字 欠損
degradation・・・格下げ 左遷 降格
depletion・・・減少 枯渇 消耗
deserve・・・〜に値する
detain・・・引き止める 待たせる
detect・・・見抜く 検出する
detention・・・引止め 阻止 遅延
deterioration・・・悪化 低下 堕落
deterrent・・・抑止の 戦争抑止力
discipline・・・訓練 鍛錬 懲戒
display・・・〜を展示する 〜を露呈する
divergent・・・分岐する 分かれる
downright・・・率直な はっきりした
editorial・・・編集者の
encumbrance・・・ジャマなもの ジャマな人 扶養家族 土地負担
enhance・・・高める
entreat・・・〜を嘆願する 〜を請う
entreaty・・・嘆願
eradicate・・・〜を根絶する
erode・・・〜を腐食させる
exacerbate・・・〜を悪化させる
exasperate・・・〜を怒らせる 憤怒させる
excessive・・・過度の
extravagant・・・金遣いの荒い 浪費の
facilitate・・・〜を容易にする 促進する
filial・・・子としての
flee・・・逃げる 避難する 〜を捨てる
fluff・・・綿毛
formidable・・・恐ろしい
formula・・・決まり文句 公式 解決策
fussy・・・気難しい
generalist・・・万能な人
genuine・・・真の 見せ掛けでない
grain・・・穀物
habitat・・・生息地
herald・・・伝令者
heterogeneous・・・異種の 異質の
hoop・・・輪
hostile・・・敵国の 敵意のある
humane・・・思いやりのある
humanitarian・・・博愛主義者の
hypocrisy・・・偽善 見せ掛け
impediment・・・障害 身体障害
impetus・・・刺激 推し進める力 運動量
implication・・・包含 暗示するもの 含意
indemnify・・・〜に償う
indicator・・・尺度
indictment・・・起訴
infer・・・〜を推察する
influx・・・流入 流れ込み
initiative・・・手始め 開始 初めの
insecurity・・・不安定 危険 不確実
instinct・・・本能 直観
instinctive・・・本能の
intervention・・・仲裁 調停
irrecoverable・・・取り戻せない 不治の
lust・・・性欲 欲望
magunitude・・・大きいこと 重要性
massacre・・・大虐殺
meticulous・・・非常に注意深い
modality・・・様相
monopoly・・・独占
monotheism・・・一神教
mutual・・・相互的な 相互の
outrage・・・目に余る暴力 侵害
perception・・・認知 理解力
perilous・・・危険な
perish・・・消滅する 消え去る
perplex・・・当惑させる まごつかせる
piety・・・敬虔 信心
plateau・・・高原 大地 水平状態になる
plight・・・苦境 窮地
plummet・・・まっすぐに落ちる
poll・・・投票 投票数 投票所
prudent・・・慎重な 分別のある
pursue・・・〜を追う
ratio・・・比率
rational・・・理性のある
recede・・・退く 減少する 低下する
recession・・・一時的不景気
redress・・・〜を正す
refrain・・・〜を差し控える
refuge・・・避難 保護 
relentless・・・情け容赦のない
resent・・・〜に憤慨する
rigorous・・・厳格な 厳しい
scarce・・・不十分な 供給の少ない
smuggle・・・密輸する
spectacular・・・壮観な
spontaneous・・・自発的な
stale・・・新鮮でない 古くなった よどんだ 陳腐な
stem・・・茎
stifile・・・〜の息を止める
strand・・・座礁する
subsistence・・・存続 生存
swot・・・猛勉強する
synonism・・・同義語
synthesis・・・統合する
tarnish・・・〜の光沢を曇らせる
tentative・・・試験的な 実験的な
theft・・・窃盗
thesaurus・・・分類語彙時点
transition・・・移り変わり
trough・・・(グラフなどの)谷 底
turnover・・・転倒 転覆
variable・・・定まらない 変わりやすい
vital・・・生命に関する
volatile・・・揮発性の 爆発しやすい
vulnerable・・・弱点がある 攻撃されやすい
wacky・・・風変わりな とっぴな
yawn・・・あくびをする

出典 ジーニアス英和辞典
posted by ブラック・マジシャン at 17:56| シドニー | Comment(3) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

Research Reportの書き方

そろそろ授業が始まるので、前の学校でやったことを自分のために体系化しておきます。

今回は学生にとって必要なReportの書き方です。AcademicでのReportの書き方には手順と使える単語と文法の縛りがきついので、覚えておかないと後々厄介です。

Reportの構成
Reportの構成を説明します。ここでは、1200語程度の多さを想定します。

Abstract…Reportの概要です。およそ100語程度で書かれます。以下の内容の代表的な事例をそれぞれ包括しています。

Introduction…Reportの導入です。良いレポートにするには、ここのウェイトは高いです。Topicの背景を説明します。そして、トピックに関しての問題点や謎を指摘します。
過去においても同じトピックで研究をしている人はごまんといますから、それに関して言及します。しかし、過去の研究事例には見落とされている穴があります。(Gapといいます)そのGapを補いながら、レポートを進めるよう明示した後、仮説を打ち立てます。
およそ200語程度がベター。

Methodology…実験方法の提示です。およそ250〜300語

Result…実験結果の提示です。およそ250〜300語

Discussion / Conclusion…実験結果に対しての考察を行います。また、仮説が正しいかどうか宣言、つまり結論を出します。300語程度。

Appendix…実験に使用したアンケートなどをここに添付します。

Reference List…おなじみReferenceをここでまとめて紹介します。

Reportを書く前にやること
まず、トピックに関するHypothesis(仮説)を立てます。これはグループワークとかで決まりますし、自分で現象を観察して色々とあれこれ考えた末に立てたものでもかまいません。このHypothesisが後々に響いてきます。

その次に、Hypothesisの証明を行うための方法(Methodology)を考えます。アンケートとか実験手順ですね。これもグループワークで勝手に決まりますし、自分で勝手に決めても良いでしょう。ただ、Hypothesisを証明しやすいものを極力選ばないといけません。

Methodologyを書く
実験方法が決まったら、実際にその紹介を行います。

実験方法に関しては、誰に対してやるのか(Sample)、いつ・どこでやるのか、具体的な実験方法を一つ一つ順序だてて説明していきます。

注意したいのは、実験方法は基本的に過去形で受身形で描写されます。レポートを書いたのは実験後なわけですから、常に過去形。そして、客観性を求められるので、常に受身で書かれます。Iとか「実験者はどうこうする」というのは論外。過去形・受身形で書くかことを忘れないようにしましょう。

Resultを書く
実験結果の提示を行います。

基本的に一つ一つの結果に対して、グラフなどを使って描写します。基本的に、結果同士の比較、昔の実験結果との比較を行います。

実は、この結果は自分が使いたいものを選べます。つまり、全部を描写する必要はないということです。もちろん、仮説に関係のある結果は必ず言及しないといけませんが、要らないものは報告する必要はないということです。

基本的に単純過去を使います。

Discussionを書く
実験に対しての考察を行います。

まず、Hypothesisがなんだったのかもう1回宣言します。その後に、実験結果から何がわかるのか、説明していきます。そして、最終的には一般的な事柄に対して説明を行うわけです。つまり、説明方法としてはSpecific→Generalという流れです。また、過去の事例との比較を行ってここの部分がおかしいとか正しいとかという議論も行います。

実験方法がまずかったとか、この実験に関して焦点を当てていない部分に対しての言及もここで行います。(Limitation

最終的に、仮説は間違ってる正しいの結論を出せば終了です。

Introductionを書く
IntroductionとDiscussionはどちらが先でも良いのですが、個人的にDiscussionからスタートするのをお勧めします。なぜかというと、Discussionで言及した過去のデータが、Introductionで書くデータに対しての伏線になるからです。つまり、書く側としてはDiscussion用に昔のデータを用意して、そのままintroductionで使ってしまうという寸法です。また、読み手にとってはここの過去のデータの言及がDiscussionへの伏線になるわけですね。

ここで書くべきことは、General Backgroundです。トピックへの導入を行うわけですね。今現在わかっていること、そして謎を提示します。
その次に、以前の研究対象の要約を紹介します。つまり、研究者への言及ですね。ここでGapを指摘します。

そして、自分の話しに持っていくわけですね。レポートの目的を提示し、仮説を提示します。

Discussionと違って、IntroductionにおいてはGeneral→Specificの流れになるわけですね。

Abstractを書く
上記のことがすべて終わったら、abstractを書きます。これはもう簡単ですね。おのおののセクションの要約を1センテンスで行っていきます。なぜ、実験が行われたか、どのように行われたか、主な結果、結論を書けば立派なabstractです。

これがReportの主な書き方です。もちろん、言葉はacademicなものを選ばないといけません。

ちなみに、欧米諸国ではこのようなことを高校の最後でやるそうです。大学では常に求められますから、「理論立てて考える」ということに対して欧米人は強いのが伺えますね。
posted by ブラック・マジシャン at 21:23| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。