2006年07月02日

Research Essay Part2

Nowadays, the development of economy and technology provides a much wealthier life for people than in the past time. For instance, the development of medical systems guarantees longevity and world-wide trade provides various foods and goods for many people. Although some horrible incidents occur, the risk of death is much lower than in the past. People can enjoy worth and peaceful life in the developed countries. 

However, not all people enjoy this great development. Many citizens are still suffering from disease, poverty and hunger especially in developing countries. UNICEF (2006) reports that the parents of twelve million African children under the age of eighteen died of AIDS/HIV and women and children face severe violence because of conflicts. Some citizens in the world suffer from health threats and violence even though others enjoy a good life.

In the present situation, it seems that the rich countries cause the poverty in the Third World. However, it seems to be impossible to declare that all causes of the plight in the Third World fault from the First World. This essay disagrees with the statement that to understand the plight of the poor nation, one must understand the simple fact that it is so because the First World is rich. And this essay suggests that other factors could be considered as well. This essay focuses on the poverty in the Third World and its suggested solution.

Admittedly, it is a fact that the First World is making the cause of poverty. Trainer (1993) states that the poverty in the Third World is caused by the First World. Little or no benefits are expected in the Third World due to the First World’s monopoly of resources and ultra-low payment for workers in the Third World. The high living standards of the rich rely on severe situations in poor countries. The First World may just exploit the Third World and that seems to result in the severe poverty.

However, not only in the First World, but also in the Third World, the cause of poverty exists. Smiley (1993) believes that the cause of the problems has already existed in the Third World itself for a long time. Ancient land ownership systems made land possess concentrated on the rich, which is the minority of people, and the poor can not afford to live. Whether or not the First World interferes in the domestic economy in the Third World, poverty becomes a serious problem due to the historical reasons.

In order to solve the issue, there needs to be land reform in the Third World. And the government’s help is essential. Smiley (1993) claims that fair land distribution is required to solve poverty. In fact, Korea and Japan succeeded in developing their economy in spite of suffering from severe damage during World War U with land reforms. Without a fair distribution of land, people can not produce enough food and that causes hunger. Governments are required to help fair land distribution to citizens.

However, there could be a limitation on helping with land distribution. In fact, Anon (1985a) describes that despite many land reform laws, most of them do not work properly. In the present situation, the laws in the Third World can not interfere with the foreign private companies. It is natural that private companies consider their individual benefits only. As big companies monopolize land and benefits, small farmers can not produce crops.
On the other hand, global corporation is required to solve the problems. Anon (1985b) suggests that United Nations should formulate the code of practice for the multinational food companies in order to protect the peasants’ interest. Most of the companies that monopolize the market in the Third World are from other countries. And individual countries should also establish licenses for local people to train on phasing in local production of inputs. As can be seen, the government of the Third World must take action and enable the poor to produce their food and to stimulate the domestic market. Other rich foreign countries are required to cooperate with poor countries to help them develop the domestic economy. Both domestic and international efforts are integral in improving the present situation.

The statement that Third World issues are caused by the First World could be right. Actually, the First World monopolizes resources, crops, and markets. However, the causes of plight are not only them. In the Third World, there are still ancient land ownership systems which cause poverty and hunger of the poor. The problems exist not only in the developed countries, but also in the developing countries. In terms of solution, the Third World must make an effort to develop their economy with land distribution. Distributing land keeps people from poverty and hunger. However, there is a limitation due to the monopoly of big foreign companies’. Therefore, the international organizations such as Untied Nations must take action in order to stimulate economy in the Third World as well. Thus, to understand the plight of the Third World, it is necessary to know the First World causes poverty. However, it is essential to understand the domestic situation in the Third World as well. In order to reach solution, both the Fist and Third World should take action. In conclusion, the Third World problems are not so simple that focusing on only one aspect does not work as a solution.

Reference

Anonymous. 1985a. Give back the land. In: R. BELL. & P. HALL, eds. 1991. Impacts. The Jacarta Press, p.335.

Anonymous. 1985b. Multinationals and the control of world food. In: R. BELL. & P. HALL, eds. 1991. Impacts. The Jacarta Press, p.318.

SMILEY, D., 1993. Do Third World Problems begin in the First World?; Against. In: R. GILES, ed. For and Against 2nd ed. Brooks Watertoo Milton Q, 300-302

TRAINER, T., 1993. Do Third World Problems begin in the First World?; For. In: R. GILES, ed. For and Against 2nd ed. Brooks Watertoo Milton Q, 298-300

UNICEF., 2006. UNICEF:Children are Africa’s greatest resources[online]. New York, UNICEF. Available from: http://www.unicef.org/media/media_34578.html [Accessed 22 June 2006].

posted by ブラック・マジシャン at 21:20| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

Annotated Bibliography

Anonymous. 1985a. Give back the land. In: R. BELL. & P. HALL, eds. 1991. Impacts. The Jacarta Press, p.335.

Anonymous. 1985b. Multinationals and the control of world food. In: R. BELL. & P. HALL, eds. 1991. Impacts. The Jacarta Press, p.318.

SMILEY, D., 1993. Do Third World Problems begin in the First World?; Against. In: R. GILES, ed. For and Against 2nd ed. Brooks Watertoo Milton Q, 300-302

TRAINER, T., 1993. Do Third World Problems begin in the First World?; For. In: R. GILES, ed. For and Against 2nd ed. Brooks Watertoo Milton Q, 298-300

Smiley (1993, pp. 300-302) believes that the problems in Third World were not caused by First World. The problems have already existed in Third World itself for a long time. For, the ownership of land was concentrated on the rich, which is minority of people whereas the poor, which is the majority was forced to pay a great deal of crops or money as tax. Actually, Japan succeeded in improving their economy after World War U through land reforming. Unless land is distributed fairly to people in Third World, the poverty and hunger will not be resolved.
This article is reputable. It describes historical facts and the present situation in Third World correctly, and points out the problem. Moreover this article provides some actual examples that a country succeeded in fair land distribution and success of economic growth. His opinion is not ideal. However, the history that First World invaded and made colonies was not mentioned. He focuses on the domestic problems in Third World only.

Trainer (1993, pp. 298-300) argues that the poverty in Third World is caused by First World. Although it seems that the problems are being improved, little or no benefits have been derived in Third World. Due to First World’s monopoly of resources and ultra-low payment to workers, the growth in Third World can not be expected. The high living standards of the rich rely on the severe situation in Third World. For simple life of the poor, more simple life of the rich is required. As all countries can not reach the living standards in First World, both countries abandon hope of affluent living and economy by market forces and growth.
What this article agues is right. However, Trainer does not consider about the greed of human kinds. Although all people realize this fact, it is difficult to do so because the fact that First World enjoyed high standard life. Both the poor and rich will not be satisfied because of egoism. Although suggestion is reasonable, it is nothing but idealism.

Anon (1985a, p.335) suggests that land reform is necessary for solution of Third World issues. Under the present situation, most cultivable land is owned by large farmers. In fact, the evidence in the United States, Vietnam and India is shown. Land reforms do not only provide justice but also efficient production. However, despite many land reform laws, most of them do not work properly. Land reform will not be succeeded without governments’ help.
This article provides serious fact of land ownership and production of food in Third World. And the solution for improvement of the present situation is shown. However, it is assumed that the solution is idealistic. The reason for inefficient laws seems complex due to the limit of land and severe climates. Though many situations are shown, only the percentage of farmers is focused whereas other factors are not. Thus, this solution is not effective.

Anon (1985b, p.318) claims that the world is a supermarket for the rich and the supermarket managers are the multinational agri-business countries. Due to labor costs, instead investing plantations, holding farmers under contract are preferred. This prevents Third World from development of its economy. The solution is shown as well. That suggests that United Nation formulate a code of practice for the multinational food companies to protect peasants’ interest. And individual governments should make corporation license for local people. Both United Nations and each country are required to take an action.
This article shows available solution. Both United Nations and developing countries are focused on and the solutions are suggested. Though it seems difficult to carry out, this seems the best solution.
posted by ブラック・マジシャン at 23:39| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

Research Report Part2

Abstract
Water is essential for all of creatures. This essay focuses on changing the preference of water and people’s knowledge about water to investigate the hypothesis that after arriving Australia, drinking water the preference of international students’ changes. The taste test and questionnaire were carried out in a college. According to the results, safety was the most important factor to choose water. And accurate data of taste test was not obtained. Therefore, it is not sure that overseas students really have accurate knowledge. The results suggest that the preference could not change.

Introduction
It is said that water is essential so that all creatures can live. It is well-known that plants wither up without water. All animals including human beings also will die without water. Safe drinking water is regarded as the source of life. Therefore, people always demand safe water even though they must pay money to buy bottled water. The accurate knowledge of water is essential in order to guarantee safety.

However, it is regarded that it is tough to obtain clean and safe drinking water for overseas people because the conditions and regulations of drinking water are different in each country. For example, according to Parker (1990), it is hard to obtain safe drinking water in some areas in Europe because of geographic problems and pollution. And Mackenzie (1996) suggested that even bottled water might be dangerous because there is no national regulation or guidelines to ensure the choice of only clean sources of water for bottling in Australia. Thus, overseas people have to know the conditions in each country.

Smith (1998) studied water quality in Australia. However, no research has studied overseas people’s knowledge about water. The purpose of this report is to ascertain how many overseas people have accurate knowledge of water and whether the knowledge affects the preference after arriving. This study further considers whether government should be compelled to provide the information of water to overseas people.
The hypothesis of this report is that after arriving in Australia, drinking water preferences of international students change.

Methodology
In order to investigate the hypothesis, the test and questionnaire were conducted by students at a college in Sydney.
Forty-five overseas students at the school were tested by test tasted three types of water; boiled, bottled and tap. The subjects were selected randomly. The students were asked to try to distinguish the type with writing on the questionnaire. After drinking water, they were expected to answer twelve questions in total. These questions could be separated to three types. The first one asked their personal information such as gender, age and nationality. The second one asked the respondents’ view of water such as price. And the last one investigated their knowledge of water such as safety and taste. The respondents were required to tick the fitted answer. They basically were forced to tick only one choice. After the questionnaire, the results were calculated.
This survey was administered on May 29th in 2006. The survey was conducted for 30 minutes.

Result
Seventeen males and twenty-eight females answered the questionnaire.

Graph A represents the results of respondents’ the point of view to buy drinking water. As can be seen, safety was regarded as the most significant point to buy water in both countries. There were significant differences between price and taste. In Australia, the price was regarded more important than taste. On the other hand, in home countries, priority was put on taste. Presentation was not regarded as significant factor in both.

Graph B shows the comparison of preference of water between home countries and Australia. According to the graph, bottled water was preferred the most of the three in both countries. And there was significant point in tap water. Tap water was preferred the least in home country. However, tap water was the second preference after arriving in Australia.

Graph C represents the percentage of people who have accurate knowledge of the quality of water. Over 70% of people answered “No.” The percentage of people who answered “Yes” was less than 30%. Approximately three-forth people did not know the quality of water in Australia.

Graph D represents how to indicate the difference among tap, boiled and bottled water. Approximately 80% people answered taste. The second was smell. And no one answered color. This date might not be accurate because there were two invalid answers because two people ticked smell and taste.
In terms of the results of the test, accurate data was not obtained because the number of people who answered correctly was not counted.

Discussion
The hypothesis of this essay is that after arriving in Australia, drinking water preferences of international students change. The obtained results can not support this hypothesis.
As for the criteria of choosing water, safety was the most significant criteria. As can be seen from this result, safe water must be necessary anywhere anytime. The reason why price is regarded more important than taste in Australia could be the price should be different from their home countries. The students probably are worried about price and demand cheaper water even though the taste is not so good. Further study about differences of price among countries is recommended.

According to the result of comparison of preference, bottled water was the most preference. The reason should be that bottled water is regarded as the safest drinking water. And according to the result of tap water, while tap water is not preferred in home country, it is second preference in Australia. This suggests that tap water in Australia should be fairly safe comparing with other countries. Therefore, some international students prefer tap water in Australia.

According to the question about information, over 70% of people answered “No”. This suggests that the government does not provide information about water enough. Although some studies such as Smith (1998) were conducted, most overseas students do not have accurate knowledge of water in Australia.
According to the result in graph D, taste was utilized the most in order to indicate differences among three types of water. This suggests that the taste is the most important criteria to judge safe water. However, as accurate data of taste test of water was not obtained, there is a doubt that people really can distinguish water. Further studies are required with changing evaluation and methodology.

Thus, safe water is preferred wherever. Though the habits might be changed, preference does not shift. In order to provide information about water with overseas students, further studies comparing with quality of water in each country and customs of drinking water are required.

Reference

MACKENZIE, J., 1996. Bottled Water., CHOICE, Vol.37 (2), 6 In: WATER GATE. Sydney Morning Herald.

PARKER, P., 1990. Water For Life. New York : MC MILLAN In: WATER GATE. Sydney Morning Herald.

SMITH, D.I., 1998. Water in Australia : Resources and Management. In: WATER GATE. Sydney Morning Herald.

Teacher's Feed Back
posted by ブラック・マジシャン at 14:24| シドニー | Comment(1) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

Research Report

Nowadays, computers are very popular among people across the world. It is clear that a computer is essential to write a report, to draw a graph or to research via the Internet. Not only workers but students also use a computer in order to do such activities.
Various computers are used in the world. However, Price and Wix (2001) claimed that there are four typical types of computer; Desktop, Laptop, Palmtop and Touch Screen that are used either in business, education or private use.
Moreover, many functions are available through computer. According to Powers (2004), the development of technology and use of all of information such as text, graphics, audio or video are available through computers and can be exchanged via the Internet, represented in form of digits or numbers. These various functions, enabled people to use computer in a variety of ways.
The more people use computers, the more purposes or differences of the way to utilize a computer must be regarded. Healey (2004) reported that 50 % of Australian adults accessed the Internet in the 12 months prior to November 2000. Regardless of their gender, however, differences between genders were not reported in this survey. It is natural to assume that there would be difference between male and female in the usage. This essay focuses on such difference in terms of gender. This essay and supported research proves the hypothesis there is no differences between the genders in computer use.

Fifty overseas students in Sydney West International College (SWIC) were selected to take part in this survey. The students were chosen selectively to highlight gender differences or similarities. The students were required to answer a questionnaire which asked their gender, age, nationality, how long they had been staying Australia and habits of computer usage such as whether they liked using computer, the kinds of computer, the age in which the respondents had begun using computer, when and where the computers were used and the purpose of using computer. (This questionnaire is in page 8.) The students were asked to tick the answers which fitted their habits. Though they were forced to tick only 1 answer, they were allowed to tick up to three in some questions. This questionnaire was conducted at the grass area in SWIC. This questionnaire was administered at 11:00, after coffee break time, on 8th May, in 2006. The distribution of questionnaire was conducted for 50 minutes. And then, the questionnaires were gathered. Then the number of answer each question was counted and they were compared.

First, Graph1 represents the answer to the question “Do you like using a computer?” Broadly speaking, most people answered that they liked to use a computer regardless of gender. In terms of males, no one answered “No”. On the other hand, twenty-one women answered “Yes”, and only four women answered “No”. This showed that preference was almost same.

Graph 2 represents the result of question “What kind of PC do you usually use?” There was significant difference between the sexes. Twenty women answered using laptop computers. Five women responded using Desktop computers. On the other hand, fifteen men answered using Desktop computers and ten men who were the rest of them answered using Laptop computers. Although difference was small, the result showed that men were more likely to use Desktop computers than women.

Graph3 shows the result of question “In your free time, which PC do you use for any of the following?” Even though respondent could tick only one choice, some people ticked more than one. The number of responces was different. However, there was a significant common point. Both of genders answered “get information” the most. Secondly, they answered “downloading files”. And males were more likely to use PC for shopping than females. And the answer of other was communication with others. This showed that both of sexes used a computer in order to communicate with others via MSN messenger, chatting, and E-mail. Although the number was different, the trend of result was very close.

The hypothesis of this report is that there is no difference between male and female in computer use. As can be seen from graphs, there are some common points. However, the difference can also be seen from them. It is a little difficult to claim our hypothesis is correct.
First of all, in terms of preference of computers, there may not be big differences. Although some women answered that they do not prefer to use a computer, most of women answered “Yes”. It is no doubt that gender has nothing to do with using a computer from this result.

Significant difference can be seen in graph 2. Females tend to prefer to use Laptop computer, but males tend to use Desktop computers. This may be related to size. Powers (2004) claimed that small size of Laptop computer enables people to carry a computer easily. And Desktop needs some devices such as mouse and screen in order to utilize its ability. As can be seen, Laptop is easier to use than Desktop and Desktop has higher spec than Laptop. The reason why women prefer Laptop to Desktop may be that Laptop seems cute and easy to use for them. On the other hand, males probably demand convenience. They do not care about their effort. This may cause this difference.

The last graph shows the differences in computer use across the sexes. Both males and females must want to use computer in order to use the Internet. Price and Wix (2004) claimed that all people can get information and transmit the information towards the world. For both genders, exchanging data is an easy contemporary past-time thanks to the Internet.

So computers are used by many people regardless of gender. However, this survey had some troubles in question 4, where the gathered research was not specific. This data may not be accurate. Therefore further research would need to sight differences in age, hobbies and jobs. It would be also need to consider marketing and the up-grades of modern technology.

Teacher's Feed Back
posted by ブラック・マジシャン at 23:24| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

First Research Essay

Nowadays the developed world has a good medical system. It is very easy to go to hospital in order to cure illness and there are much better medications than past times. This great medical system help us to get rid of many diseases. However, people who live in a major city have some big medical problems still. One of those is obesity. Obesity is an excess of body fat. It is said that men with more than 25% body fat and women with more than 30% are obese. Many people in developed countries suffer from obesity today. Also in Japan, many Japanese people suffer from obesity because our diet shifted like that of western countries. Obesity is the greatest threat to the health problem of people in developed countries today. This essay will discuss how much obesity threatens us and obesity is difficult to cure with using the data in Japan, which is one of developed nations in the world.

First of all, the dead rate of obese people is very high. And also they tend to die earlier than usual. Japanese clinical (1995) shows the dead rate of obese people with a graph. According to it, between 1972 and 1982, the death rate was over 140% in case of from 15 to 39 year-old men and women whose obese point was +40%. Moreover, from 40 to 60 year-old women’s dead rate was about 150 % and the rate of men in the same age was about 120%. In this data, their obese point was +40%. Like this, this evidence describes that obese people have a high risk to die. On the other hand, the survey of Ministry of Health, Labor and Welfare (1997) shows that obesity is not the cause of death. According to it, 28.5% people died because of cancer, 15.9 % people died due to blood vessel in brain and 15.1% people died because of heart disease. This data shows that most of people are killed by other diseases and obesity itself does not seem to be the direct cause of death. However, according to National Center for Biotechnology Information (2006), obesity is a risk factor for chronic diseases including heart diseases, diabetes, high blood pressure, stroke and some forms of cancer. This evidence shows that obesity causes serious diseases referred to by the survey of Ministry of Health. Especially, in their survey, cancer and heart disease occupy high rate. Therefore, as long as we do not cure obesity, many obese people are likely to die because of such serious illness.

It seems difficult to improve our life style completely to avoid obesity. It is clear that we tend to rely on quick and convenient transportation such as cars or trains without using our body. However, the article in Journal of Physical Education, Recreation & Dance (Anon 2004 p.10) claims that even minimal exercise can prevent weight gain. According to it, obese people who are needed to walk briskly for only a half-hour a day prevented further weight gain. Moreover, people who jogged about 17 miles lost the most weight, shed most body fat and gained lean body mass. On the other hand, people who did not exercise at all gained about 2.5 pounds. This shows us the amount of exercise which an adult needs. It is said that we need at least an hour of moderate-intensity daily exercise. This looks easy to try if we have a mere strong will. However, our gene prevents us from loss of our weight and body fat. According to Speakman (2004), there are two factors which make us obese. The first one is environmental factor and the second one is genetic factor. As for environmental factor, Speakman explains that mismatch of our energy intake and expenditure causes obesity. As we have to use our body less than past time due to development of technology, our activities are reduced and also food which contains more energy increased. This problem is solved by minimal exercise, however, genetic factor is difficult to solve. Speakman found this factor by observing the fact that there are non-obese people despite they live same as obese people. Some people have broken lipostat, the gene which maintains fat and weight. Although such people are very rare, the lipostat of many people is set at an inappropriate high-level. This causes us to keep fat in our body even if their exercise and diet are proper. It is easy only to solve our lack of exercise but if obesity is caused by our gene too, it is difficult to improve the present situation by personal power. Though drug-based solutions are under developed, as long as we do not overcome this problem, it is impossible to keep people from the threat of obese.

These evidence shows that obesity is a serious medical issue in developed countries. The dead rate of obese people is very high in Japan. And it is proved that obesity causes much chronic illness which is difficult to cure by NCBI. Although there are some solutions which are easy to try, there is also a problem which is difficult to solve in our genes. Concerning about these issues, obesity is the greatest threat to the health problem of people in developed countries today.

Reference


ANONYMOUS., 2004. Small Amounts of Exercise Can Prevent Weight Gain. Journal of Physical Education, Recreation & Dance.75,6, 10.

JAPANESE CLININAL, 1995. Obese syndrome. Japan: Company of Japanese Clinical.

MINISTRY OF HEALTH, LABOR AND WELFARE, 1996. The Statistics of Population Movement in 1995. Japan: Ministry of Health, Labor and Welfare

NATIONAL CENTER FOR BIOTECHNOLOGY INFORMATION. (2006). Genes and Disease[online]
Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/disease/Obesity.html [Accessed 5 April 2006].

SPEAKMAN, J. R., 2004. Obesity: The Integrated Roles of Environment Genetics1, 2. The journal of Nutrition, 134 8S, 2090S.

Teacher's Feed Back
posted by ブラック・マジシャン at 22:11| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

Critical Leterature Review

As I have no topic to write on my weblog, I put my work in my school. This is my first work in the end of March. I did not know how to write academic essay. So the expression is very poor and mark was low.

John R Speakman(2004)Obesity: the integrated roles of environment and genetics “The journal of nutrition” (Academic research library pg.2090S)

Anonymous(2001) Childhood obesity: an emerging public-health problem  “Lancet” London Vol.357, Iss.9273; pg.1989, 1pgs


Nowadays the developed world has a good medical system. We can easily go to hospital in order to cure illness and we have many good medications. Thanks to this, we can get rid of many diseases. However, we to live in a major city have a big medical problem. That is obesity. Most of people in many developed worlds suffer from obesity today.
Following two articles discuss obesity from different aspects. John R Speaksman studies cause of obesity. The second article shows the childhood obesity. Both articles tell the serious present situation. Then, let’s take a look at these two articles.

John R Speakman focuses on the cause of obesity. According to his article, “Obesity: The Integrated Roles of Environment and Genetics“, two factors make us obese. The first one is environmental factor, and the second one is genetic factor. Mismatching energy intake and expenditure causes obesity. As we do not have to use our body less than past time, our activities are reduced and also food which contains more energy increased. On the other hand, existence of non-obese people is referred to by the author. However, he explains about differences with using the data of genetic factor. Some people have broken or high fat-controlling system. Such people tend to be obese in spite of energy-controlled diets. In order to solve this problem, he says that drug-based solution works with it. Rapid developing this field is expected.

The second article refers to obesity of children. The article, “Child obesity: an emerging public-health problem“ shows us good and bad information. Good one is that malnutrition children under 5 years old declined in developing world. The bad one is that spectrum-overweight and obesity is getting a concern in developed world, not only adults but also children. This article shows some details. One of examples says prevalence of overweight girls increased from 11.8% in 1985 to 21.3% in Britain. If this trend continues, the epidemic of obesity will seriously threaten the health of children in the future. Changing children’s life style causes obesity. Recent children do not play outside but play in their house with little exercise. And diets changed to fast food which contains much sugar. Once children established obesity, it is difficult to be regular weight. WHO began to warn in 1990’s and it says that effective population level strategies are needed to prevent further increases.

The first article is very reputable. Firstly, this study was held by university and was analyzed very much. Though there are some difficult technical words such as “lipostatic”, I understand how we become obese logically. However a bad point is that they do not explain what obesity causes. This is nothing but my guess, obesity causes diabetes, cancer and so on. However, if we do not have such knowledge, it is difficult to think that obesity is very serious issue, just saying that is dangerous. As most of parts are good, this is regrettable.

The second article is based on fact. But I do not think this article is good. At first, there is not authority because the author is anonymous. I could trust this article if this article were written by a journalist who has authority or government declared. Anonymous means we can not know the name of article’s author. And as I said before, I can not understand harm of children’s obesity just saying it is dangerous. If there were some concrete examples of harm, I would regard this article serious.
If we believe both articles without doubt, it seems that obesity is a very serious problem. Each government should consider about this problem and we should concern about our life style in order not to be obese.

Teacher's feed back
posted by ブラック・マジシャン at 21:35| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

What is an academic sentence?

そろそろ自分の中でacademicな英文とは何なのかということを決着をつけておかないと、後々大学に進んだ後に苦労しそうなので体系化しておきます・・・。まあ、仕組みがわかれば結構簡単なものなんですが。

academicな文とは?
まず、academic writingの定義づけですが、学術の場で使用される文章のことです。academic writingを行うときは、「客観的な視点で書く」ということが求められます。つまり、個人の主観で主観的な文章は書けないということ。「客観的な視点」を得るために、いろいろなルールがあるわけですね。というわけで、そのルールを見ていきましょう。

主格の代名詞は原則使用不可
academic writingにおいては、客観的な視点を得るために、極力人を主語に置くのを避ける傾向があります。特に、Iとweは使用不可です。これは自分の主観のもとに、文を書いているということになるので客観的ではなくなるため。この場合、もっぱら受動態で書かれます。もしくは、物を主語にした能動態で書かれますね。

(1)× I focus on the problem in Third World in this essay.

(2) This essay focuses on the problem in Third World.

(3) The problem in Third World is fucused on in this essay.

ただし、過去のデータや研究内容に触れる場合は、人を主語におきます。

(4) Speaksman (2001) studied genes as factors of obesity.

名詞化できるものは極力名詞化する
これはindirect quotationを行うときに特に重要になってくるのですが、文章を名詞化することがしばしばあります。that節を利用するとか、to不定詞を使うとかそういうレベルの話ではなくて、動詞を完全に名詞化してしまうと。基本的に動詞を名詞化して、副詞を形容詞に、目的語だった名詞をof+名詞の形にしたり、名詞化した動詞の前に持ってくるなどして、つじつまを合わせていけば大丈夫です。
この名詞化を行うことで、少ない言葉でなおかつ内容の深い文章を書くことができるのです

(5) If guns are easy to get, more assaults, accidents and suicides will happen.

(5') Easy gun ownership leads more assaults, accidents and suicides.

(6) If you have to have a license to own a car, dog, boat or light aircraft, why don't you have to have one to own a gun?

(6') Gun ownership license should be required similar to a boat, car, dog, or light aircraft.

上の例を見ればわかりますが、動作を名詞化したことによって節が2つある文章が短い1つの節の文章になりました。内容が同じ濃度で、短ければほかの事に字数をかなりまわせてよくなりますね。かなり合理的なルールだと思います。

使える単語
これが厄介な問題で、academicな単語とそうでない単語というものがこの世には存在するそうです。たとえば、getという動詞がありますが、academicな場ではもっぱら、obtainが使われます。同じ意味でも、より複雑な言い方が好まれるのがこの世界の動詞のおきてです。名詞や形容詞にもそういう傾向があって、一つ一つ覚えていかないといけません。これは数をこなす必要がありますね。

見分け方の一つとしては、しゃべり口調の言葉はアウトというものがあります。これは単語のみならず文単位でもいえます。たとえば、疑問文は使えなかったり、命令形も使えなかったりと、スピーチ的になるとacademicではアウトです。これで内容は満点なのに口調が選べなかったせいで半分しか点が取れないということもあるのが恐ろしいですね。

学校でやったacademic writingの大まかな説明でした。よく考えると、日本語も、である調にしたり動作の名詞化も行っているので共通する部分も結構ありますよね。それを英語でやっているのに過ぎないのだと思うと楽ですね。
posted by ブラック・マジシャン at 21:49| シドニー | Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

無断転載・盗用の危険性と著者の留意点

私は、国外でAcademic Writingの練習をひたすらやっていますが、今回は「盗用」に関して皆さんに説明しようと思います。

さて、よくインターネットで無断転載禁止としているサイトがありますが、これはなぜでしょうか。それは、自分の書いた文章に著作権というものがあります。つまり勝手に転載して「自分のものですよ」と言い張るとそれは著作権の侵害であり、盗用、つまり他人のアイディアを盗んだわけになるのです。自分の書いたものを盗まれるということほど、著作者にとって屈辱な物はありません。だから、無断転載禁止としているのです。

英語ではPlagiarismとか言います。インターネットの普及により、コピペが容易にできますから適当な記事を自分のものとしてレポートとして提出できます。しかしながら、誰でも閲覧可能なわけですから、簡単にばれてしまって盗用扱いになります。すると、恐ろしい罰が待っています。聞いた話では5年間停学になって、復帰しても1年生の最初からやり直し、いや入試からやり直しなんだそうです。それだけ盗用には厳しい罰が待っているのです。

しかしながら、これには例外があります。それが記事の引用です。これは、引用もとを明らかにすることで自由にその記事の一部を使用することができるのです。大体は、自分なりの言葉で再構築されますが、こうすることによって議論を活発化させるのです。

私がこの間の記事でリンクを著作者の名前を明らかにした上で記事を引用したのはそれにのっとっています。さらにReference Listも書いておきました。こういった手順を踏んでおくと無断転載ではなくなり、単なる引用になるのです。無断転載禁止としているサイトは引用は無断転載ではないということをよく留意しておかなければなりません。

よくよく考えると、転載を認めておかないと、活発な議論ができません。もちろん転載する側もそれ相応のことはやらないといけませんが、転載してもいいですかと求めているのに、それを一方的に却下するのはまずいでしょう。これでは議論が活性化できません。議論の活性化のためには、転載も必要になってきます。

というわけで、私が推奨するのはサイト間でのHarvard Style(Author Date Method)の導入ですね。これはAcademicな場では常識の引用方法です。というわけで今回はそれを紹介します。

Holland(2002)は、ある一定の用法は定まっていないものの、電子媒体では次のようなやり方が一般的であるとしています。

文章の中では、著作者の苗字や著作団体の名前を挙げて、少し言葉を変えて引用します。その際にいつ発表された論文なのか年号を入れます。

たとえば「ブラック・マジシャン(2006)によると、引用は無断転載ではないとされている」という風に引用すればいいわけです。もしくは「引用は無断転載ではないとされている(ブラック・マジシャン 2006)」という風にもできます。直接引用でもかまいませんが、普通は言葉を少し変えて再構成されます。そうする場合、意味は変えてはいけません。

さらに、記事の最後にReferenceを用意します。これは一定の書式にのっとって作られます。インターネットの引用だと、こんな感じになります。

著作者の苗字(大文字),名前のイニシャル.,記事の発行年号.記事の名前 [online]. 発行された場所(わかる場合),出版社.(わかる場合)Available From:URL[Accessed アクセスした年月日]

こういった感じで作られます。順番はアルファベット順です。

これは私の勝手な意見ですが、日本語の場合、50音順でよいでしょう。本名もわからないことが多いので、HNでよいでしょう。

上みたいなきっちりした型を紹介しましたが、ハーバードスタイルと言っても、結構時代の流れでその型は変化するそうです。つまり、適宜用途に合わせて型を変えてあげればよいと思います。

こんなものを紹介しておいてなんですが、遊戯王の世界は趣味の世界ですから、そんなに厳密にならなくても良いと思います。その代わり、最低限著作者の名前と元の記事のアドレスをあげておくべきです。

というわけで、転載する側もされる側もある一定のルールが必要だと思いますので、こんな記事を書いて提案してみました。転載はある一定の手順を踏めば悪いことではないので、ルールを守って、楽しい意義深い議論を展開しましょう。

ちなみに、上のも引用なのでちゃんとReferenceを用意します。でないとPlagiarismになりますからね。

Reference

HOLLAND, M. 2002. Guide to citing Internet resources[online]. Poole,Bournemouth University. Available from: http://www.bournemouth.ac.uk/library/using/guide_to_citing_internet_sourc.html[Accessed 7 June 2006]
posted by ブラック・マジシャン at 00:00| シドニー ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

文化とは?

すいません。また日本語に戻ります。こっちに来ていろいろな発見をしたので、その発見をみんなに伝えるためにあえて日本語を使います。今回の記事は文化に関してです

英語学概論で面白い話を聞きました。「文化は一つのスキーマ(経験の集積)なんだ」という仮説です。例を挙げてみましょう。

山があるとします。その山の手前に家があります。我々はこの風景を「山の前に家がある」と解釈しますよね。しかし、アフリカのある文化では「山の『後ろ』に家がある」といいます。我々からしては「間違った」表現です。しかし、彼らにしたら「正しい」表現です。それは自分たちの経験の蓄積が「文化」を作り出しているからです。

上の現象を説明すると我々は経験上二つのものが並んで存在するとき、「お互いに向き合っている」と判断します。これはスキーマによるものです。しかし、彼らのスキーマでは、「お互いが同じ方向を見ている」と感じます。ちょっと抽象的でわからないと思うので図を出してみましょう

○→←○

これは我々のスキーマです。しかし、彼らのスキーマは。
○→○→

こういう風になっているわけです。だから、さっきの例では「山の後ろに家がある」という解釈になるのです。

聡明な方はお分かりでしょう。「文化」というのは人間が基本的にやることを、違った方法でやっているに過ぎないということです。

我々は環境の変異に耐えられるように服を着ます。その服はいろいろなものがあります。どの服を着るのが正しいというのは一概に断言できないでしょう?そういうことです。

そして、我々は娯楽を求めます。それはカードであったり、ゲームであったり何でもありなんです。別に何であっても楽しければいいわけです。(他人に迷惑をかけたらいけませんよ)さげすむ必要もなければ、自信過剰になる必要もない。違っていいわけです。

そして、文化は絶えず変化します。歴史的・環境的要因で文化は変わります。西洋文化が入ってきて日本人は和服をほとんど着なくなりました。これも変化です。西洋は白人主義の下に、植民地を増やし、文化や言葉を破壊して差別を生み出したという側面もあります。それも変化なんです。その変化の一つに「文化の終焉」があるに過ぎないんです。

英語だってそうです。英語は、イギリスが植民地を拡大させるまでは「庶民のための野蛮な言葉」でした。そのときはフランス語とラテン語が貴族のための学問のための言葉だったんです。しかし、その野蛮な言葉が、シェークスピアの活躍でいまや国際語です。フランス語はまだ生き延びていますが、ラテン語はもう母語話者のいない「死語」になっています。これも変化です。

一概に正しい、間違っているとは言えません。でも変化するならよりよい方向に変化させたいですよね。私は恥の文化を否定してはいません。いいところもあります。同様に罪の文化を過大評価してはいません。問題があれば、科学論法のごとく、「修正」すればいいんです。お互いの利点長所、欠点短所を比較し、うまく取り入れよりよい新しい文化が作れるのです。

もしかしたら、本当に遊戯王はYu-Gi-Oh!に変化するかもしれません。私は日本人ですから、それが少しさびしいのです。結構必死になって暴走してますが、それが時代の定めなら従うほかありません。しかし、何もしないで終わりたくないので、ありとあらゆる手段を用いて行動してるわけです。(向こう見ずなところがいっぱいあり、反省しなければならない点もあると感じています。申し訳ございません)

人間だって変化します。反省して成長します。何かあったら、退化します。今はみんな否定的ですが、あるきっかけで肯定的になってくれたらと私は思います。一部の人を怒っていはいますが、「絶対に許さない」とはいいません。反省して変化してくれればと思います。
posted by ブラック・マジシャン at 17:17| シドニー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

オタクの利点・欠点とその課題

一般人からするとオタクは嫌われ者です。しかしながら、私はこれをステイタス(すごいところ、もしくは個性)と考えます。確かに日本のメディアが悪いイメージを作っているところもあります。しかしながら、こちらにも否はあると思うんです。今日はいいところと悪いところを考え、どうあるべきか自称僕らのオタク王である私なりの見解を論じようと思います。

まず、オタクのすごいところは「どうでもいいことに一生懸命になれること」です。「どうでもいいこと」と言っているので、悪いイメージを与えているような気がします。しかしながら、一つの物事に一生懸命になるのは誰だって当たり前のことなんです。

学者の例を出しましょう。私の専攻の言語学では、大学院で、「冠詞 aとtheの違い」で6時間以上延々と議論するような世界なんです。そんなの知らなくたって、どうだっていいじゃないと思う人はいっぱいいると思います。「文法オタクで根暗だな」と思う人もいると思います。しかし、その「どうでもいいこと」が学問の領域の一つにあげられているんです。
オタク側だって「宇宙世紀のMSの大きさの変遷」という議題で延々と議論する人だっています。これまた、「何空想世界のメカに熱くなってんの」という人もいるでしょう。「ガノタですね」と思う人もいると思います。でも、上の話と対象が違うだけですよね。

わかるでしょうか?学者とベクトルは違えども本質は一緒なんです。ある物事について一生懸命考えられるのが「学者」もしくは「オタク」といわれる人らの大きなアドバンテージです。小学生のころ、「何でも一生懸命やりましょう」と先生が言うでしょう。それを実行してるだけなんですね。

さて、オタク側の欠点ですが「現実世界を見ていない。」もしくは「現実から逃げている」ということです。

まず、最近マスコミで取りざたされている「萌え文化」を考えて見ましょう。残念ながら一般に認知させるには、この文化には大きなハンディがあります。それは「性的な内容が含まれている」ということです。

江戸時代の例を挙げましょう。皆さんは「浮世絵」を知っていると思います。今では、江戸時代の庶民文化の華といわれていますが、幕府がたびたび禁令を出しているんですね。それはなぜか。
性的な内容を取り扱っていたからです。歴史の教科書では、普通の美人画が載っていますが、あれはごく一部で教科書には載せられない芸術的にもすごくて「性的に」すごい絵が横行してたんです。だから、幕府が風紀を乱さないよう、禁令を出しました。
この構図どこかで見たことありませんか?最近の「18歳以下に見える子供のポルノ絵を禁止しよう」という動きにそっくりではありませんか。
日本は「恥の文化」です。「罪の文化」の欧米でさえも、最近少しずつオープンになっていますが性的な話は、人前ではタブーです。不快に思われるとセクハラです。欧米でさえもこんななのに、恥を重きにおく日本文化で受け入れられるわけがない。しかも、最近は子供を狙った卑劣な犯罪が起きました。当たり前ですが、一般人が怖がるのは当然です

私、高校時代はこの文化嫌いだったんですが、いいところもあると思います。ある意味人間の恋愛の「理想の形」があるんですね。大概の話は、美人な女の子が自分を好きになって、尽くしてくれてイチャイチャするという感じですよね。ある意味、理想の形です。(これに男女の濡れ場を中心にすえるから、受け入れられにくい。)
しかし、それは現実世界では起きないんです。シェークスピアは「honestとbeautyは共存し得ない」と劇の中で(どの劇か忘れました・・・)、言っています。美人な人は自分が美人だってわかると、プライドが高くなって他人を見下します。だから少し性格が悪くなりますよね。一方、あまり美人でない人は、そんなプライド持たないので性格がよくて尽くしてくれるよい人が多いというわけ。これは相反するもので、シェークスピアは「共存しえませんよ、してるんだったらそれは理想の形ですよ」と言ってるわけです。

で、最近の萌え文化でメイドさんが取りざたされているのはこういうことです。みんな「honestとbeautyが共存した形」を二次元世界のメイドに求めているわけですわ。「メイド」は「主人」に対して奉公しなければなりません。かつその立場の人が、美人だったら主人側はうれしいですよね。美少女ゲームにおいて、あまりかわいくない女キャラは人気が出ません。それは、オタクたちがbeautyとhonestを二次元に求めているからなんだと私は考えます。

しかしながら、我々はオタクである前に現実世界の人間です。どの道、現実世界の人間たちと付き合わないといけません。なのに、彼らは空想世界に引きこもってばっかりです。さらに、中には「二次元」しか見ない人もいます。つまり、殻に閉じこもってばっかりなんですよ。だから、一般人に受け入れられない。なぜなら、自分たちも一般人を受け入れようとしないからです。

人間が複数存在すれば、ルールを作らないと片方が損をするケースが出てきます。すなわち、みんなの自由を守るためにルールというものを人間は作っているわけです。おととしの奈良の事件では、一人の男が女の子を惨殺してその女の子のみならず、その子を失った家族まで不幸にしてしまいました。マスコミも大々的に取りざたしますから、世間的にオタクは悪であるという構図が出来上がっているのではないかと私は思うのです。

よく考えると、同性愛だってロリコンだって人間を愛してるわけです。対象が少し普通の人と違っているだけで、おかしいことではないんです。

ちょっと、話が脱線しますがロリコンの人間の悪いところは対象を服従させようとしているところです。子供にだって人権はあります。そして子供には保護者がいます。お互い同意の下でという関係が築ければ何もおきないでしょう。しかし、一方的に、自分を押し付けて言うこと聞かないと、殺してしまうという構図を大人側が作っていると思います。今、少子化で子供を守ろうという動きがいっぱいあります。そんな中で、犯罪が起きると自分たちのイメージが損なわれるわけです。
ただ、やっぱりいいところもあるかなと思わせたのはうちのよくネタにしてるゲームです。(ヒント:はじめての・・・)最初は引きまくりましたが、濡れ場なしで冷静に考えていくとお互い好きだよっていう関係が築けていて、ある意味理想の形だなって思ったわけです。よく考えると、濡れ場だってお互いが好きだって言うのを確かめる方法の一つですからね。自分も好きな人ができたらこういう関係を築くべきだなと思ったわけです。

さて、総括ですが個人的に「これからのオタクにはコミュニケーション能力が必要だ」と思います。それはオタクだけではありません。若者にだってそうです。「下流社会」によると、若者の中で下流(ニートとかフリーターとか)とされているものは、大体コミュニケーション能力が低いそうです。
我々は、「社会」に生きています。そこではたくさんの人間が向かい合って生きているわけです。それなのに、空想世界ばっかりに引きこもっていてはいけません。現実世界にだってガンジーしかり、すごい人間がいます。ヒーローがいます。空想世界にだってエクスカイザーのようなヒーローがいます。すごいキャラクターがいます。現実世界にだって空想世界にだってすばらしい人間はいっぱいいるのです。そういうことを一般人もオタクも忘れないようにしていくべきなのです。

これが私の現段階での「仮説」です。私の意見は合っているかどうかはわかりません。もちろん、こんなことをこのブログで書いたからと言って世界が変わるわけではありません。が、これからいろいろな人と「話し合って」、よりよい意見と世界を作っていきたいと思います。
posted by ブラック・マジシャン at 18:59| シドニー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

議論の意義

昨日、デュエルオンラインでこの記事を見せたら収拾がつかなくなりました。私の回線が切れてしまいまして、それ以後接続しませんでした。だから、逃げたと思われたくないので昨日の議論への私なりの答えを出していこうと思います。

まず、私がおろかでした。チャットで深い議論をしようなんて、かなり難しいことだからです。早くこのことに気づくべきでした。チャットは、ある一定の人間が、同時に自由にしゃべれる場所です。だから、一見すると議論しやすいツールです。
しかし、今の学校でAchademic Writingをやっていて気づきました。皆さんは、学者や海外の大学生たちがどのように論文を使って議論しているかご存知ですか?学者や学生は他の学者の論文をたくさん読みます。実験も行います。そして、自分の意見を深めます。他の学者の論文が間違ってると思うんだったら、それに対する反論の論文を書きます。そのために、1つの論文で何万字も使うんです。そして、書いて、発表して、反論されて、また書いて・・・といった議論を延々と繰り返すんです。
チャットは複数の人間が同時にしゃべれる上に、字数も限られます。これでは、一人ひとりの意見を深く吟味できません。内容も薄くなります。そんな状態で円滑でかつ意義深い議論なんてできるわけがない。ですから、私は議論の場をブログに移します。私のブログは「学問」の場でもあるのですから。

ある方がこういいました。「何を議論するの?議論する必要なんてあるの?今のまんまでいいじゃん。俺らには関係ないじゃん。」

おそらく、うちらの趣味の世界で大半を占めている意見でしょう。現に、私がデュエルオンラインについて真剣に考えてアンケートをして意見を出しても、ほとんど反応がなかった。

だから、反論します。わかっている人もいましたが、場の空気を読んで場を乱さないようになかなか口に出せないでいるので、やめたESSでも空気の読めない男と悪評だった私が代わって断言します。議論する意義はあります。これからその説明をします。

日本人は議論が下手だといわれています。それは、国民性が「みんなに合わせないとだめ」「人前でしゃべるのは恥ずかしいから」というのもあるのでしょうが、私はこう考えています。論破されるのが怖い。つまり、負けるのが怖いんです。自分が否定されるのが怖いんです。昔の私がそれでした。このあたりは、カードゲームにも似通ってますよね。負けると馬鹿にされるから怖い。しかし、議論は「勝ち負け」を決めるものではないんです。新しいものを作り出すことなんです。

もう1回学者たちの例を出します。皆さんは「科学的な思考」というものをご存知ですか?学者たちはある一つの現象・事実について、それを説明するために一つの「仮説」を立てます。その仮説を立証するために、さまざまな実験や調査を行います。たとえば、私の専攻の「言語学」では、「どうして人間だけが言葉をしゃべれるのか」「なぜ母語話者だけが、文法の正誤を区別できるのだろうか」こういった「謎」に対して、頭を振り絞ってがんがえます。そして「仮説」を立てます。母語話者に実際に聞いてみます。例外がなく説明できるので、その仮説は正しいと「現状では」認められます。
そういった例として、生成文法、メンタルスペース、スコープなどといったものが言語学では提唱されていて、謎に対して「説明」が与えられるのです。これが科学です。

私たちはそれを、結構「真理」として捕らえがちですが、実は違うんですね。科学に真理は存在しません。どういうことかというと、世の中複雑なもので一つの仮説では説明しきれない現象が見つかります。たとえば、地球上ではりんごが上から下に落ちるのは当たり前ですよね。だから、こんな仮説を立ててみましょう。「りんごは上から下に落ちる。ゆえに、ものは上から下に落ちる」が、宇宙に出ると物は落下しないですよね。学者たちはそれを元に、この仮説に対して間違っていると反論します。

反論された仮説には2つの道が待っています。一つは「仮説の放棄」です。これはつまり、この仮説は完全に間違ってますと認めてあきらめることです。つまり、「論破」されたわけですね。ゲーム的にはこれで負けです。

しかし、学問はゲームとは少し違うんです。反論された仮説に残されているもう一つの道があります。それは「仮説の修正」です。これはつまり、「反論意見について説明できないから、部分修正しますよ」という道なんです。今の例だと、「地球上では『重力』があるので、ものは上から下に落ちる」と修正できます。反論のおかげで、りんご云々、宇宙云々は別問題で、重力というものが問題だったんだよと修正できました。

聡明な人はもうわかるでしょう。議論を通じて一つの仮説が修正されて、新しい仮説が生まれるんです。「より良い新しいもの」が生まれたんです。このプロセスを紀元前から、いや人間が進化した時点から繰り返し続けてきたから今の科学や我々があるんです。
もし、科学が果てるときは、「わからないものがなくなった」もしくは「議論する余地がなくなった」時です。これが、「議論」の意義です。

我々は思考停止していると思います。悪い現状があるというのに、何も考えず自分たちは関係ないと言い張り、無関心を装います。こんな考え方では、グローバル化には対応できません。
今、世界にはどういう問題があるか知っていますか?インドではカースト制における最下層民「アンタッチャブル」が、解放令が出ているにもかかわらず、抑圧されて苦しんでいます。中東では戦争が絶えません。

無関心な人たちの目を覚ますために、無関心が引き起こす大問題を一つ提示しましょう。前のクラスでカンボジアから来ている女性の方が、セミナーでエイズに関するプレゼンをしました。タイ、カンボジアでは両親がエイズで死んで、その生活苦から孤児たちが売春してエイズに感染し苦しんで死んでいっています。それが無限ループしてるんです。さらに、女の子のみならず男の子でさえも売春している世界です。国はNGO任せで、その無限ループをとめるために、何もしてくれません。国自体が無関心なんです。そんな地獄絵図、想像できますか?私、自称ロリコンとか言ってますけど、だからこそ問題に立ち向かわなければならないと思いました。自分の愛するものが傷つく、だめになるのを見るにしのびませんもの。

こういった、世界の問題が我々の国にグローバル化を通じて入ってくるんです。関係ないなんてことはないんです。
日本国内でさえも、部落問題や北朝鮮はテポドンを撃ってこないかなど、さまざまな問題がある。
そして、我々の小さな小さな趣味の世界にさえも問題があります。
無関心を装って放置しているだけだと、何の解決にもなりません。状況は悪くなる一方です

じゃあ、どうすればこれを解決するか。真剣に考えるんです。一人ひとりが意見を持つんです。話し合うんです。意見を出し合うんです。話し合い、意見を出し合い、より良い「解決策」をみんなで生み出すんです。だから、私は「議論すべき」といっているわけです。

他のかたがたは、意見を押し付けているだけとおっしゃっていましたが、あなた方は自分の意見を持っていますか?価値観が違うからで思考停止していませんか?価値観というのは環境・その人の性格・経験でいくらだって変わるんです。森林と河川が豊富で土地が狭い日本は水はあって当たり前ですが、オーストラリアでは雨があまり降らないので、砂漠地域では水が貴重品です。シドニーでも、節水を呼びかけて政府がホースを使って車を洗うことを禁じています。そして説得力を持った文献に出会ったとき、尊敬できる人間に出会ったとき、人間は変わります。私はこっちに来ていろいろなものに対する考えが変わりつつあります。
そしてあなた方は押し付けられていると思っている意見に反論できていますか?ただ、周りに流されているだけではありませんか?日本人の悪いところです。だから、偏見がなくならない、ソトに厳しい。
私は議論を提示しているんです。みんなで現状改善のために考えるべきだと。だから、反論・意見を受け付ける。ブログ間でもっと議論すべきだと論じています。私は、大学のAchademicな場、学術の場とはこういうものだと思っています。これは、意外と我々の生活に密接にかかわってきているのがわかるでしょう。

もう一度言います。議論する意味はあります。我々は常に考えるべきです。
posted by ブラック・マジシャン at 21:54| シドニー ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

僕らの英語王(自称)vs05年度大学入試センター英語

弟がセンター試験を受けていて、英語が難しかったと喚いていたので自分もやってみました。

難しかった問題が大きな3問目、4問目、5問目だったとの事だったんですが私の場合3問目が1問ミス、4問目が2つミス、5問目が1問ミスでした。6問目は少し苦戦しましたが、満点。2年前の長文は、満点でしたからねえ。ショック。結局トータル160点と言うショボイ出来です。2年前は9割とっているし、その後2年間大学で英語やってパワーアップしまくってるはずなのに、これだと泣けてきますね。国立に行く優秀な高校生は、確実に8割取ってきますし、私は英文専攻なうえに高校英語教員目指していますから、95%〜満点取りたいところです。

ではちょっとレビューしてみましょう。

大きい1問目は、私は3問もミスしました。ここは満点取りたいところですが、とれませんでしたorz...。具体的にこけたのは最初の1番目です。photographのアクセントの位置を間違えました。冷静に考えると私の置いたアクセントの場所は不自然ですね。修行不足・・・。後、文章問題のアクセントの3、4をミス。普通はアクセントの置かれないIやらyoursにアクセントが置かれていて、はめられました。確かに文脈に沿ってみると、specificで限定されないといけない状況になりますから、ここにアクセントが置かれるのは当然ですね。時間短縮のために設問箇所の文章しか読まなかったので失敗しました。前後の文脈も考慮に入れるようにしましょう。

2問目は合計3問ミスです。うち一つが並べ替え。これで4点失っています。痛い。ケアレスミスです。これで4点は痛いですね。

3問目は弟が言うほど難しくはありません。ほぼ例年通りのパターン。私が間違えたのは、熟語を埋めるやつですね。3点マイナスです。最大に点のある並べ替えは、慎重に読めば簡単に全部解けます。

4問目は山梨県が鹿児島県と似ている事で、答えは絞れたんですがもう片方を読み違えてしまいました。そのせいでもう1問間違える羽目に。大きい4問目は最初の問題が勝負ですね。ここを取り違えると後でひびきます。

5問目は車の絵の問題でミスが出ました。左側に傷があるというので、答えを絞れたんですが私の場合向かって左側(つまり車の右側)の答えを選んだのでミス。悔しい。

6問目に時間がかかったのはA studentの意図の解釈に時間がかかりました。SarahはMr.Pealにたいして悪いイメージがあったと言うのにごまかされて、StudentがSarahの意見を変えようとしたという答えを選ばないように。Sarahは故郷の話をしていたのであって、Pealさんどうこうとは言ってません。あくまでStudentは故郷の名前を耳にして、話しに入ってきてPealさんの良い話をしただけです。Sarahとその経験を分かち合おうとしたわけであって、SarahのPealさんに対する印象を変えようとしたわけではないですね。後は、普通に読めば解けます。

今年の平均点はどれくらいでしょうかね。私の読みだと6割前後ですが。英語は頑張れば簡単に8割取れるので、これからセンター試験を受ける人は頑張りましょう。私の結果からわかるように、長文問題で点数を稼げれば文法問題で点が取れなくても、良い点取れます。逆に取れないと、なかなか点が伸びません。というわけで、うちも修行しなおそう・・・。
posted by ブラック・マジシャン at 18:07| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

文法化

最近、英語学概論のネタをやらなくなったのでそろそろネタにしようかと思います。

続きを読む
posted by ブラック・マジシャン at 00:19| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

フォニックスの重要性

最近、手抜き記事が多いのでちょっと気合の入った記事でも書こうと思います。ということで、留学先でがんばって勉強しようと考えているHistory of English Languageを何故に勉強しようと思い立ったか記事にしておきます。

私の教育史を読んだ人は知ってると思いますが、私は4歳の頃から週1回毎週木曜日に1時間だけ英語塾に通ってました。その英語塾が何かというヒントを挙げると、ドラえもんで有名なあの出版社が経営している英語塾です。
とにかく、会社が会社なだけに、ドラえもんに異様にこだわっているんですけど、小学校4年生くらいからフォニックスというものを勉強していました。フォニックスというのは、ネイティヴの子供向けに考えられた文字と音声の関係性をまとめた物です。もうちょっと具体的に言うと、全てのアルファベットには音が振り分けられており、それを組み合わせる事で意味をなす単語が作られると言う物。たとえば、dogを例に挙げると、dは日本語で言うところの「ドゥッ」oは「オ」gは「グ」という発音が振り分けられていてそれを組み合わせると「ドッグ」という単語が完成するわけです。簡単な英文を読むとき、実はこのフォニックスを覚えていると、文字さえ与えられれば大体の発音が出来、自分で文章を読んだり書いたりする事が出来るようになるわけです。
この当時の私にとって、「英語が読める」なんてのは最大のカタルシスでした。意味はぜーんぜんわからないんですが、読める。それで英語が好きになって、話すようになりました。6年生くらいになると、音さえ与えられればそれを文字に出来ていた気がします。

そして中学校にあがります。フォニックスがわかるおかげで、意味と発音さえ知っていれば大体文字がスペルがかけるので単語テストはほぼ満点でした。つまり、他の人が発音して書いて何度も書いて覚えていたのを、ただ見て覚える事が出来たわけですね。(もちろん例外はいくつかあるので、それは書いて覚えていました)更に、文法にも興味を持ち出して英語が好きになりました。そのおかげで、中2で英検3級、中3で英検準2級にうかる実力になり、英語のテストで80点以上は当たり前になっていました。

しかし、フォニックスが通用しなくなりだしたのが高校の単語です。長くなったせいで、sになる時のスペルがceだったか、そのままsだったか混乱する単語が出てきたり、フォニックスの例外になる単語が増えてきたのです。最たる例はarchaelogist(考古学者)です。何故にaeのスペルが"i:"の発音をするのか疑問でした。普通に考えると、eaのスペルになるはずなんですがね。高校英語の単語も教科書で出てきた物は全て覚えて、更に受験時の単語帳で覚えた貯金があるので大学に上がってからESSやら学部での英語力はTOEIC805に代表されるように高い物になりました。

そして現在。英語学概論がホームラン級に面白い中、「認知言語学や生成文法での文法説明なら、フォニックスの例外も説明できるのではないか」と考えるようになったのです。厄介な事に、言語学では「文字」を視野に入れないという制約があるので駄目かなと思っていたら、言語学の研究対象に「英語史」と言う物があって、英語単語の派生であるとかを振り返る事で上に挙げた疑問も解消されそうだというのに気づきました。
で、今日になって英語学概論の先生と文法化の話をしていたら、英語史の話でcanの元の意味をちょっと文法化の説明で必要になったので調べていたら、面白い事を見つけました。大母音推移という現象が中英語期にあったそうです。更に活版印刷の登場がスペルの固定化を促して、発音とスペルのズレが生じる元になったんだとか。

この話を見つけちゃったので、俄然英語史への情熱が巻き起こりました。はっきり言って第二言語習得で学習者が苦労するのは、文法と単語の暗記ですからね。認知言語学や生成文法も視野に入れて、わかりやすく文法事項への説明を加えることが出来るようになるのが、よい英語教員への1歩だと考えています。単語に関してはフォニックスを使用して教えて行きたいですね。で、「なんで例外があるの?」という質問が飛んできたらそれに対して答えられる知識が欲しいわけです。

フォニックスがわかると全英単語のうち75%は発音できるそうです。だのに、英語の先生はフォニックスの存在をまったく知らない人ばかりで、拍子抜けしました。英語化教育法でもちょっと触れただけでしたしね。中学1年生に教えたい文法事項を挙げるなら、何よりもまして私はフォニックスを勧めます。それだけ、英語が得意になるためには重要なわけですね。

ちなみに、フォニックスについてもっと詳しく知りたい人はこちら参照で。
posted by ブラック・マジシャン at 01:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

卒業論文

今日の語用論は担当の先生が、ゼミ生の卒業論文を見ないといけないということで早めに終わりました。授業の内容も「"I am sorry."と"Excuse me"の使い分け方」という論文のちょっとしたさわりと、論文の書き方です。

チラリと読みましたが、結構深いですね。事前研究を引き合いに出して、問題点を引き合いに出した上で自分の考えを言った後に、今度は映画を6時間分視聴して、データを収集して、さらにそれぞれのI am sorryとExcuse meがどのような文脈で使われているかを分けています。そこから考察して使い分けを考えているんですが、リサーチが大変そうですね。私は英文法やろうかと思っていますが、ネイティヴスピーカーに「文があってる間違ってる」っていうのを一人ずつ確認する必要がありますしね。うーん、大変そうだ。

4年次には泣きを見そうですね。
posted by ブラック・マジシャン at 17:36| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

萌えるリスニング教材

また、何気なくもえたんのサイトを覗いて見ますと、コミケの告知がされていました。何と、コミケ限定でリスニング教材の販売をやるとのことです。お値段2000円。
内容としては、日常会話のとっさの一言や西洋東洋問わずのツンデレ表現。アクセントとイントネーションで差別化しようと言う試みなのでしょうか。それなら、もうちょっとTOEICなどへの実用的な物が欲しいのですが。

英語王且つオタク王としては、欲しいアイテムです。また代理購入頼もうかな。

ついでに、1/100で傑作と名高いデスティニーガンダムのコラムと、前から温めていた信玄頑駄無のコラムをアップ。
posted by ブラック・マジシャン at 23:31| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

副読本〜

我らが英語王(自称)がひたすら、マジメに取り扱ってる「萌える英単語 もえたん」の新作が出るそうです。

で、いまさら何を出すかと思ってみてみると、副読本として、文法・表現の特集本を出すそうです。副読本の癖に、1450円と高めですな。何気に今までのシリーズよりも高いじゃないですか。何でも、行間に隠されたオタネタも扱うそうです。12月はMPキングエクスカイザーも出るのに、余計な物が出てきてくれました。

っていうか、似たようなことを私、やったんですけど・・・。(12月と3月の記事参照)どう言う内容か楽しみだ。vs認知言語学とかやってみましょうかね。
posted by ブラック・マジシャン at 21:24| 兵庫 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

問題です

(1)John pulled the blanket toward him/himself.(himself=him=Johnとする)

・・・という文があります。両方とも、「ジョーンは毛布を自分のほうへ引っ張った」という意味になります。しかし、この文の解釈の違いは次に様になっています。

a, himの時→Johnは眠っていても良い(無意識的に引っ張った)

b,himselfの時→Johnは起きている(自分の意思で引っ張った

この様な言語学上の現象が起きるとき次の文を描写してください。

(2)In the picture, there is a woman facing away from camera, and a child behind her / herself.(woman=her=herselfとする)

このとき、写真から見てchildはどこにいるでしょうか?次の写真を与えるので、どちらか選んでください。


命姉ちゃんをwoman
アークビートルをchildとします

In the picture, there is a woman facing away.という文は、この様に描写されますね。


という事で、次の写真から選んでください。

写真A
写真A

写真B
写真B


答え(ドラッグで反転してくださいな)
posted by ブラック・マジシャン at 12:30| 兵庫 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

教育実習って

大変なのね。

まさか、2年次から内々諾をもらって予約しないといけないとはおもわなんだ。3年のスケジュールもすごい・・・。しんどいのお。

どうでもいいですが、特別活動論の授業で人が3mmの坊主頭にして「校則の規制による頭髪・服装指導について」というグループ討議の結果を力強く語ってるからって、ざわつかれました。ざわついたやつ逝って良しとか思ったりもしたんですが、こんな私は勝ち組みですか?
posted by ブラック・マジシャン at 22:22| 兵庫 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

メタファー&メトニミーの慣習性と推論

ガンダム種運命が終ってしまってネタに詰まっていますので英語学概論の話でお茶を濁そうという本日。

続きを読む
posted by ブラック・マジシャン at 23:29| 兵庫 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 勉強・学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。