2005年02月28日

パーラメンタリーディベート

を、今日CADさんの指導の下やってみました。お題は「北朝鮮に経済制裁をするべきか」というもの。私はアスピーさんと組んで、NEGサイドでした。

普通のディベートと違うのは、スピーチ中に質問が飛んでくると言うところ。相手は質問に応じなくても良いのですが、これで相手に揺さぶりをかける事ができます。
また、角度が日本政府のADやらDAだけでなく六カ国協議や朝鮮人や日本人のADやDAからもお話が進められるので、コンパリズンが何でもありな状態です。結局のところ、ジャッジを説得させなければならないのは変わりませんが、このあたりが新鮮でした。

またやってみたいなぁ。
posted by ブラック・マジシャン at 22:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

KIEF内で

遊戯王をはやらせようとかいう目論見(謎)ちょうど、英語版のカードがありますからね。関係ない事はまったくないし。

ディベートやディスカッションをやってる人にカードゲームやらせると滅茶苦茶強そう。ディベートやディスでは相手の反論を予想してそれに対するリフュートやらロジックを考えていますからカードゲームでも応用できるかと。エヴィデンスそろえるのもカードを集めるのと似てますしね。ただ、運の要素は0なのでここが相違点かな。

日記見ている関係者の方々いかがですか。(死)
posted by ブラック・マジシャン at 22:27| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

スピーチの合同Dis

今日は臨時でバイトがなくなったので、スピーチの合同ディスカッションに参加できました。

いつものたっくさんとN女子大の人らと延々と夜の11時まで天王寺のマクドナルドで話し合っていました。いやー、面白かった。前のスピーチのプロットを持って行ったのですが、かなりの収穫がありました。なんで、PHCSにおけるPHが大事なのかとか、トピックの選び方とか。

一番印象的だったのはPrizeは二の次で考えて自分の言いたい事を書けば良いとの事。結局のところ、自分が言いたい事を言えるのがスピーチですからPrizeに縛られるとうまく行かないそうで。後、トピックが大きすぎるとPrizeが取りにくいようです。今回の私はかなり大きなトピックを選んでしまいましたががんばっていこうと思います。
posted by ブラック・マジシャン at 00:09| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

3日目にして

体調崩しました。
posted by ブラック・マジシャン at 00:03| 兵庫 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

KIEFプレパ

がスタートしました。

今回はDisとDebの準備。Disは中絶問題を扱うわけですが、生命倫理どうのという話になるとかなり難しい方向になってしまいます。ついでに、性的な話題に発展しやすいと言う危険を伴う諸刃の剣。とりあえず、エヴィデンスそろえます。

Debateのほうですが、「未知との遭遇機」とかタイムパラドックスでどうのとかみんなマニアックでユニークなシナリオ考えますねー。でもこんなことして何になると言われると弱いような。(滅)
posted by ブラック・マジシャン at 22:23| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

インフォーマルディスカッション

を、今日クラブでやりました。普通のDiscussionと違うのは、お話の脱線も何でもござれ状態になることです。

今回のトピックは「結婚するか、しないか」というもの。今日はうちの部長とうちのブログ常連のBちゃんとスピセク全員でのディスカッション。

「結婚しない」の路線でオピニオン出しました。理由付けが趣味が出来なくなるからと言う物。私の趣味は結構人と違っていまして、「メイド喫茶がどうだ」とか「もえたんがどうの」とかそういう話に脱線してしまいました。けどこの脱線がインフォーマルディスカッションの醍醐味です。

ちなみに、私は結婚したいほうです。
posted by ブラック・マジシャン at 23:47| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

シナリオリーディング

今回のキャンプのドラマはシナリオリーディング形式なんです。シナリオリーディング形式とは顔以外の体の部分を動かさずに演技すると言う物。

うちらはリトルマーメイドです。あの人魚姫のお話。人魚姫は途中で声を奪われてしまうんですがどうやって演技するんだろうと思う今日この頃。
posted by ブラック・マジシャン at 23:35| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

スピーチの種

セクション活動で忙しいから更新できるときにしておくというもくろみ。

次のスピーチのネタは決まっているのですがストックとしていくつかネタがありました。ユニークのユニークを言っているので、いずれもまだ使えない状態ですが。そんなスピーチの種を紹介。

スピーチの中心で萌えを語る>オタクと言ったら「萌え」という言葉が切り離せないので、それの説明をしつつ、人の主観はそれぞれ違うんだから互いに認め合おうという物にしようとした。・・・つもりだったが各所で非難が出そうだったので却下。同じセクションの1回生の子に是非やって欲しいとか言われたから手を出すかもしれないけど。

ブログについて>ブログでの体験を下にもっと自分の意見を表現していこうじゃないかという物。これは、そのうち作るかも。

ホビー業界における一期一会観について>おもちゃ・プラモマニアの「後から後悔するよりも、買ってから後悔せよ」という一期一会思想が当たり前とされているが、果たしてそれで良いのだろうかと言う自問自答スピーチ。サジェッション思いつかずに保留。これもやりたいかも。まさに今、ソルグラヴィオンで苦しんでいるところですので。

以外にスピーチのネタって転がってますね。
posted by ブラック・マジシャン at 00:11| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

顔合わせ

が今日あって、ちょうどバイトが休みになったので行ってきました。体調不良でやめようかな〜と思ったんですが、マニュアルとか必要になってくるので行って参りました。

全体的に女性比率の高いでビジョンですが何とかなるでしょう。

そうそう、今回のディベートのネタですが「ドラえもんは22世紀に帰るべきか」だそうです。冗談みたいですが本当です。ドラちゃんが未来に戻る事によるADとDAを考えるわけですわ。アニメ好きな私にはうってつけのネタです。がんばるぞ〜。
posted by ブラック・マジシャン at 23:26| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

次スピーチの初期プロット

が一応できたので、ここでアップロードしておきます。初期プロットでも1000字以上あるので少々長いですが、読んでもらって意見をくれるとうれしいです。意見を元にリバイズしていく予定ですので。文章書くときかなり文章同士のつながりだとか表現方法とかを難産して書いたのですが、まだ納得行かないのでこう書きなおしたほうが良いよとかそういうのでもかまいません。

題名:本当の宝物(The true value)

続きを読む
posted by ブラック・マジシャン at 12:20| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

ついに

次のキャンプのMLが届いてまいりました。

今回は諸事情によりプレパだけ参加になるのですが、どうなるでしょうか。
posted by ブラック・マジシャン at 13:52| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

同窓会レポ

同窓会行ってきました。お鍋を食べたりして良かったです。

梅子さんの送別パーティとTAKさんの誕生パーティを兼ねていまして、TAKさんのプレゼントが時計とお風呂セットでした。とまる勢いだったんですが、親がケーキとステーキ(!)を用意していたそうで、帰らざるを得ない状況になったのが残念かな。

今回は奇跡の13人全員勢ぞろいです。こういうのはかなりレアケースだそうで、Fディビの結束力が伺えます。これがずっと続くと良いなぁ。

そういえば、親からメールでTOEICの結果が届いてまいりました。何と合計700点。前回620からものすごい進歩でございます。記念にヨドバシのポイント還元で、目立たない主人公機の異名を持つHGインパルスガンダムを買ってまいりました。今年中には800いきたいな〜。
posted by ブラック・マジシャン at 12:44| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

新作のスピーチの題材についての意見求む

年始の間中脳内ディベートを繰り広げておりました。内容はvs自爆テロ。

次のスピーチは「命を大事にしよう」という、長崎の小学生同士の殺害事件や、奈良のまたしてもオタクどもの評価を落とすようなことをしでかしてくれた輩に対するアンチテーゼで行こうと12月最初から考えておりました。
「価値観の上では自分・他人含めて命がトップに来るはずでは・・・?だから、自分・他者の命の大事さを見直そうじゃないか」と言う意見で、スピーチを構築しているのですが「思想のためなら命をも捨てます」という性質の自爆テロを引き合いに出されるとスピーチ自体が潰れかねないのでその反論を考えていました。

結局、答えは出じまいで価値観は人それぞれだから一概には言えないになってしまって、少し説得力の薄いものになってしまいました。

という事で、ブログを読んでくれている人にこの事についての意見を求めます。質問内容は「あなたにとって、思想は自分の命よりも大事なのか?また、思想のために命を捨てると言う行為はどのようにあなたの目に映っているか?」というものです。今後の参考にしたいので、コメント欄に意見を書いて欲しいのです。どうか、よろしくお願いします。

あくまで意見を求めてるだけなので、正しい・間違っているは問いませんし、責めたりはしません。
posted by ブラック・マジシャン at 23:15| 兵庫 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

エレクション

かなり長引いてます。ようやく、ポリシーが固まりました。ここまでやるのに6時間ほどです。早く終わらないかなぁ
posted by ブラック・マジシャン at 22:54| 兵庫 | Comment(2) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

セクション活動

終わってしまいました。っといっても、役員選挙があるのでまだまだ部活に行かないといけないようですが。
posted by ブラック・マジシャン at 23:13| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

末川杯

を見学しに、立命館大学まで参りました。

東京大学やら神戸大学やら早稲田大学やら異様に高学歴な方々が出場されていました、ちょっと気おされました。

さてスピーチですが、どの人も流暢に英語をしゃべっていました。それなのに、聞き取りやすい。そうして、みんな静かにしゃべってるんですが、雰囲気が出ている。オラコンの上位者以上のレベルの高さでして、このレベルを目指して行きたいなと思いました。

スピーチの内容はほぼ、社会問題に対するものでした。障害者、医療問題、男女差別など新聞でいろいろと議論されているものばかり。私、ネットの世界の住人で、不必要に深く偏った知識ばかりなので、自分で書くときは苦労するだろうなーと思いました。

次から出る大会のスピーチのネタは決まっていますので、自分の名前をほか大学にとどろかすようにがんばりたいと思います。
posted by ブラック・マジシャン at 21:07| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

日曜のセク活

K村さんがいらっしゃるということで、今日もやりました。

今回はスピーチのトピック選びということで、G&Uというものをやりました。GというのはGeneralという意味で、UはUniqueという意味です。用は、みんなの知ってる内容とみんなが知らないような独自の話題のトピックのバランスのお話なわけです。

私はUniqueの方はどんどん書けるのですが、Generalのほうは逆にふれないので、バランスが悪いというわけです。何を言ってるのか、わからないスピーチもだめだし、逆にありきたりなことばかり言うのもだめということ。なかなか難しいですね。
posted by ブラック・マジシャン at 22:09| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

文化祭

終了しました。いやー、売り上げが黒字になって大成功でしたね。関係者のみなさんお疲れ様でした。ちなみに、レポートはめんどっちいのでやりません。
posted by ブラック・マジシャン at 22:56| 兵庫 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

臨時セク活

今日はK村さんがいらっしゃるということで、臨時でセクション活動しました。

今回は英語のリズムとリスニングの練習をやりました。
さて、ネイティブさんのスピードというのは滅茶苦茶早い印象があるんですが、どうやら音をつなげたり、こちら側がlの音を判別できないのが理由みたいです。「音をつなげる」というのは私もよくやるので、知っていたのですが、意外だったのがlの音。滅茶苦茶聞きにくい。さらにスピードがつくので、ダークlなんかほとんど聞こえません。ネイティブがスピードつけて読むのはお友達同士とか親しい間柄の人間に対してやりますから、留学で友達作った場合、少し苦労しそうです。だから、今のうちにリスニングの練習をしているわけですが。
posted by ブラック・マジシャン at 21:35| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

オラコンのSpeech全文

What is demanded to teachers?


“Wryyyyyyyyy!!” A father is throwing down a chabudai and a mother is feeling sad. How miserable this situation is! The mother just tried to calm the father but he flied into rage.
By the way, we can see situation like this at school as well. Students disrupt class. They chat or wander during class. Some students make a fuss. So, teachers cannot continue class. Students don’t respect teachers at all and ignore what teachers say. Some teachers become mentally ill because of this. We call such a situation "class disruption" in Japanese
"学級崩壊" This is one of the problems in Japanese education. Students become that father teachers become that father. Teachers tried to admonish students but students continue to misbehave.
Why does such a bad problem happen? Generally, many reasons are believed. People think “Parents go too easy on their children and do not teach them to control themselves.”, “Teachers come not to hit their students. Or teachers cannot do so because their parents and education committee get angry.” and “present family-style is nuclear family and that’s why family training became bad.”

These are the general ideas why class disruption happens. But we don’t know the true reason. Even among professors who specialize in education their idea is different. It is a big problem because we cannot find out the true reason. No matter how much we try to solve it, we cannot solve it because we don’t know the reason.

I am learning about education to get a teacher’s license. And I learned the history of education. In this class I learned Japanese history of education from Edo period to now. In the Edo Era, children went to terakoya, which is like a private tutoring school in Japanese "Jyuku". At this school, children copy their textbook by their hand, and teachers don’t teach them at same time. So children chat, walk around or even fight.This is like the present situation.

I was surprised at this fact. I have been thinking that education at the Edo Era was harder than now and children were good. But it isn’t true. I found that children’s nature hasn’t changed from 200 years ago. Children are not able to sit and study quietly. This style is true for children. Basically children are too much energy so they cannot sit still.

We say class disruption. But this situation is natural for children. I think teachers forget this. They believe children are quiet. But it is unnatural.
So, to solve the present situation, teachers must understand children taht have full of energy. And concerning this, teachers hold class which doesn’t make students bored. This is very difficult. To do so, teachers must keep studying how to hold an interesting class. I think this is a big subject for teachers. If one teacher try to solve this problem alone, he or she cannot do it. So, I suggest that teachers should gather to hold forum about how to hold interesting classes. I think with exchanging much information, we can come up with what interesting classes are. This is something teachers can do and the first step to solve present situation.

And the Japanese government must stand up. The Japanese government should help teachers. For example the Japanese government should increase the number of teachers and decrease the number of students. Today most teachers teach 40 students. But it is hard to take care of each student. If they do so, teachers’ burden decrease. Present situation is too hard for teachers.
This must be a great help for teachers.

I have just started to study education. So, I want to study it more and more to improve the present education.

追加・変更された部分は青文字で表記。

・Collapse of classをClass Disruptionにした。授業中の混乱状態をうまく表現してくれているフレーズである。

・theの付け忘れ多すぎ。次から次へと出てきやがって困った。

斜体は当日K村さんに突っ込まれたところ。私は現在形の「歴史的現在」(過去の出来事を現在のこととして捕らえる、小説などでよく使われる表現)という表現方法を用いたつもりだったが、Speechにおいて小説のような表現方法はかえって混乱を招くので使わないほうがよいとのこと。ジャッジのネイティブにも突っ込まれた。
posted by ブラック・マジシャン at 20:09| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | クラブ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。